ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 ジャパン・ハウスに関して、本紙コラム「樹海―JHでAKB48ブラジル版を作ったら?」(1月22日付け)という提案は、あながち荒唐無稽ではない。AKB48の形式をそのままインドネシアなどに持ち込み、すでに成功している例があるからだ。ブラジルで実現すれば、女子は舞台で歌うことに憧れ、男子はそのファンになって両方日本への興味が増す、という構図も予想される。実現すれば、あなたの孫やひ孫が〃デビュー〃して日伯で注目され、さらには東京五輪のイベントにも出演したりして?!

image_print

こちらの記事もどうぞ