ホーム | 日系社会ニュース | NHK初の女性特派員=佐々文子さんが着任=「ブラジルの地方見たい」

NHK初の女性特派員=佐々文子さんが着任=「ブラジルの地方見たい」

ニッケイ新聞 2010年8月5日付け

 NHKアメリカ総局サンパウロ支局の支局長として7月2日付けで着任した佐々文子さん(36、大阪)が8月3日に来社、コロニアに挨拶を行った。同職の女性特派員は初。
 上智大学ではスペイン語を専攻、高校時代にコスタリカ、大学時代にスペインにそれぞれ1年留学した経験がある。
 1998年に入局後、秋田、青森両放送局などを経て、08年に東京国際部に勤務。長期出張ですでに2回のブラジル取材を行っており、リオやペルナンブコ、トカンチンスなどを訪れた。
 「今年10月の大統領選挙はもちろん、これからの経済発展がどう地方に影響するのかを見てみたい」としながらも、「教育や福祉の分野にも光を当て、日本の視聴者に関心を持ってもらえれば」と語った。
 青森の八戸支局で海難事故を多く取材したことがきっかけで、一級小型船舶免許の資格を持つ〃海図の読める記者〃でもある。
 「海が大好きなので、釣りをしてブラジルの魚を食べてみたい」とプライベートの生活にも意欲を見せていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ