ホーム | 特集 | 祝「コチア青年移住55周年・花嫁移住51周年」=マレットゴルフ・パークゴルフ=記念大会=各地から180人が参加

祝「コチア青年移住55周年・花嫁移住51周年」=マレットゴルフ・パークゴルフ=記念大会=各地から180人が参加

特集 コチア青年移住55周年・花嫁移住51周年

ニッケイ新聞 2010年10月23日付け

 コチア青年連絡協議会(新留静会長)では、コチア青年移住55周年並びに花嫁移住51周年の記念行事の一環として、コチア青年達に愛好者の多い、マレットゴルフ並びにパークゴルフ記念大会を行い、両大会に合せて180人のプレーヤーが各地からかけつけ、熱戦をくりひろげ、大いに青年らしい「若々しさ」を発揮し、大きな盛り上がりをみせた。大会は19日に国士舘スポーツセンターで挙行された記念式典の前日、18日に同センター内球場で行われ、折からの寒風にもめげず、好ゲームが続出して、記念大会にふさわしい好大会となった。 

パークゴルフ=好ゲームが続々と=青年が意気発揮する

 大会にはスマレー市のマレットゴルフ・クラブより6人のプレーヤーが参加、アチバイアからはパークゴルフのプレーヤー20人、サンミゲール・アルカンジョからも参加、マレットゴルフ部門に120人、パークゴルフ部門は60人で合計180人のプレーヤーが顔を揃え、早くも同好者同士のなごやかな雰囲気に包まれ、まず朝のカフェーの接待を受けた。
 午前10時、各クラブの代表者も揃い、上村ヤスジさんの司会で開会式が始まり、まず新留会長のあいさつ。ついで国士舘マレットゴルフ、井上久弘会長の激励の言葉があり、最後に白旗信実行委員長から競技上の注意があり、午前の部マレットゴルフの試合組合せ、コース分けが終り、サイレンの合図で一斉にスタート、2コース、36ホールを昼食前に打ち終わった。 
 午後はパークゴルフの試合にうつり、地元マレットゴルフのプレーヤーもパークゴルフのタッコとボールを借りて混成チームを組んで始めてのパークゴルフに挑戦し楽しんだ。 
 全試合終了後は西川忠雄さん(バルゼン・グランデ)の石狩鍋が振舞われ、冷え切った身体を温めて帰途についた。
 [大会成績]
▼ニアピン賞=○男子=コザキ・タダシ、○女子=シムラ・セリッセ。 ▼ベストグロス賞=○男子=山下ラツオ。○女子=古川ミドリ。 
 パークゴルフ部門 
▼70歳以上女子=①タテヌマ・ヒロミ ②大阪ノブコ ③中島ケイコ ④伊藤マキ ⑤藤川ヒサコ。
▼70歳以上男子=①カドグチ カズヨシ ②早川セイキ ③タテヌマ ケイシロ ④土居ミノル ⑤指宿保。 
▼70歳まで女子=①川上リカ ②阿部セツコ ③西本サチエ ④土居キヨコ ⑤ヨコザワ マサコ。 
▼70歳まで男子=①上村ヤスシ ②アダチ ナオシゲ ③ナシモト サヶオ ④藤川キヨシ ⑤藤川ワタル。

image_print

こちらの記事もどうぞ