ホーム | 日系社会ニュース | トメアスー=アマゾン移民史を映像に=岡村氏に依頼、上映会も=「画面に引き込まれた」

トメアスー=アマゾン移民史を映像に=岡村氏に依頼、上映会も=「画面に引き込まれた」

ニッケイ新聞 2010年10月29日付け

 【パラー州ベレン発】トメアスー文化農業振興協会(ACTA、乙幡アルベルト敬一会長)主催、トメアスー総合農業協同組合(CAMTA、坂口フランシスコ渡理事長)共催、トメアスー組合職員OB会後援の第1回岡村淳(じゅん)ライブ・イン・トメアスー映写会が、22~23日に開催された。約70人の参加者は、自らブラジル移民となって独りでドキュメンタリー作品を制作し続ける記録映像作家・岡村淳の世界を堪能した。

 昨年開催された「アマゾン日本人移民80周年記念祭」の折、岡村作品上映会が企画されたが同祭準備が煩雑を極めたため、立ち消えになった経緯がある。
 フルッタフルッタ社(代表取締役・長澤誠)を通じて、アグロフォレストリーカカオを採用した明治製菓株式会社とトメアスー組合が昨年110トンの契約を結び、入植当時から取り組んで来たカカオ栽培が森林農法によって80年後にようやく祖国への初出荷にこぎつけた。
 こうしたトメアスーの歴史や現状の記録映像化を岡村氏に依頼し、広く世界に周知徹底を図りたいと組合OB会は企画した。昨年立ち消えになった岡村作品の映写会をまず開催しようと、北島義弘氏が岡村氏と折衝し、快諾を得てトメアスー上映会を決めた。現地では角田(つのだ)修司(OB会員)・鈴木耕治(元組合理事)両氏が準備に携わり今回実施の運びとなった。
 岡村氏は21日朝、吉丸禎保(よしやす、OB会々員)の車でトメアスーに向けて出発。現地到着後はACTAを表敬訪問し、映写機器を点検するなど上映会の打ち合わせを行った。夜はACTA・CAMTAの役員15人列席のもと夕食歓迎会がカリン食堂で行われ、15回目のトメアスー訪問となった岡村氏と親交を深めた。
 22日午前中、CAMTAを表敬訪問、ジュース工場を視察した。午後はACTA会議室で35人の参加者を得て上映会。『赤い大地の仲間たちーフマニタス25年の歩み』(06年)、『ギアナ高地の伝言―橋本梧郎南米博物誌』(05年)を上映し、参加者を感激させて終了した。
 23日は小長野道則氏が自分のアグロフォレストリー農場やボランテイアで指導を続けているブラジル人の農場を案内した。平水重行氏のアサイ栽培農場の灌水施設を視察した後、最後の上映会場に向かった。
 ACTAから約40キロ離れた第2トメアスー移住地の杉田秀範氏の住宅が会場。梅沢保司夫妻、南部尚夫妻、杉田秀範氏に出迎えられ、昼食を取りながら上映時間まで梅沢夫妻の長男が管理している、イガラペー水浴場で休憩した。
 会場の杉田夫妻宅の大サロンには、南部尚夫人と杉田秀範夫人が夕食を準備していた。日没を待って18時に『ブラジルの土に生きて』(00年)、『ギアナ高地の伝言』を上映し23時に終了した、参加者35人は感激し余韻たっぷりに感想を語り合っている光景が印象的だった。
 上映後、懇談会に入り、深夜まで話は尽きなかった。ミナス・ジェライス州の山峡に暮らす明治生まれの日本人夫妻の晩年に寄り添った記録は、特に参加者に感動を与えた。また橋本梧郎さん(90代)の最後の念願テーブルマウンテン行きを描いた作品では、映像の中で転びそうになる橋本さんに観客が支える手をつい出してしまいそうになるほど引き込まれた。素晴らしい感激と感動を残し、25日に岡村氏はサンパウロ行きの機上の人となった。(下小薗昭仁パラー州通信員)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 特別寄稿=もうじき1日の死者1千人台か=どっちへ行くのか、我らのブラジル=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2020年5月14日 特別寄稿=もうじき1日の死者1千人台か=どっちへ行くのか、我らのブラジル=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  毎日青い空が見えて気温も快適、例年ならば「良い陽気になりましたね」と挨拶するところですが、今年はいけません。コロナウイルスのお蔭で一般庶民は「家庭内蟄居」です。  ニッケイ新聞も配送が始まり、これでQUARENTENA自粛も終わりかと思っていたら、何が何が、商店閉鎖 […]
  • 特別寄稿=新型コロナ騒動とアマゾン移民史=往時のマラリア禍の心情を今に懐う=パラー州ベレン市在住 堤剛太2020年5月13日 特別寄稿=新型コロナ騒動とアマゾン移民史=往時のマラリア禍の心情を今に懐う=パラー州ベレン市在住 堤剛太  現在、パラー州では外出自粛処置が取られすでに3カか月目に入っている。私の住むベレン市では、病院施設がすでにパンク状態と発表され、4月下旬からはマスク無しでの外出は禁止になりまた。4月27日からは罰金を伴う営業活動の停止処置も取られ、5月7日からはベレン市を含めた10市 […]
  • □コロナ禍緊急日誌□2020年4月30日 □コロナ禍緊急日誌□  昨日、日本からアマゾンの小包が届いてビックリした。中身は本が一冊。国際郵便は止まっているので、なんだろうと思ったらDHLだった。ドイツの国際輸送物流会社で「世界最大の国際輸送物流会社」とも言われる。こんなときでもちゃんと期日通りに配達するとは、さすが「世界最大」だけある。 […]