ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2010年11月5日付け

 またひとり移民の子供が大統領になった。サルコジ仏大統領(親がハンガリー人)、オバマ米大統領(父親がケニア人)など枚挙にいとまがないなか、今度はジウマ・ロウセフ(父親がブルガリア人)がブラジル大統領になった。いわば移民の子で女性という二重の引け目を跳ね返しての勝利だった▼父ペタル・ロウセフは世界恐慌が起きた1929年、恋人のお腹に7カ月の胎児を残してブルガリアから渡伯。名前をポ語風にペドロに変え、ミネイラと再婚し、ジウマが生まれた。ペドロは家族再会を死ぬまで願ったが叶わず73年に死に、ジウマの異母兄ルベンは07年になくなっている▼前回の世界恐慌時に父が渡伯し、今回「百年に一度」と言われた2年前の金融危機の時、娘ジウマは事実上の大統領選候補と呼ばれ、今回当選を決めた。世界恐慌と縁のある家系のようだ▼ジウマは70~73年まで左派活動家として政治社会警察に捕まり、「残酷な拷問をうけた」と08年に上院審議会で証言している。「パウ・デ・アララ(棒にぶら下げる拷問)、電気ショック、死の恐怖と戦いながら、同志や自分の命を守るためにウソをたくさん言った。それを誇りに思っている」▼軍政時代の史料は現在、リオの国家史料館に収蔵されているが、今も軍裁判所が管理し、選挙戦に絡んで多くのジャーナリストが閲覧を申し込んだが断られた。評論家ミリアン・レイトンも「軍政が終わって25年も経つのに、いまだ軍裁判所が管理していること自体おかしい」と憤る発言をした。選挙戦は終わったが、ジルマ氏の本当の戦いはこれから始まる。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ俳壇(892)=星野瞳 選2016年6月16日 ニッケイ俳壇(892)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎虻が来て蝶来て天気葱坊主着ぶくれて南風寒き国に老ゆ行く秋や牧場に白き月残し草山の草分けのぼる秋の風雲の峰一日崩れず牧遅日 […]
  • ニッケイ歌壇(510)=上妻博彦 選2016年4月15日 ニッケイ歌壇(510)=上妻博彦 選       アルトパラナ     白髭 ちよ世界でも類なき大きなデモ行進おどろきて見入るテレビの前で斯く迄に人に嫌われし大統領ルーラを庇う愚かな行為リオ五輪まじかに控え此のさわぎジウマ罷免は世界にひびく日本人は些細な事でも辞任するブラジル人は大きな違いブラジルに日系人の大統領現 […]
  • 創刊50周年記念『ブラジル日系文学』刊行2016年4月1日 創刊50周年記念『ブラジル日系文学』刊行  『ブラジル日系文学』52号が刊行された。 創刊50周年にあたり、記念特集「ニッケイと文学 いったい何を書いてきたのだろうか」を組んだ。伊那宏さん、宮尾進さん、細川周平さん、醍醐麻沙夫さんなど15人が執筆。 その内、日系人として初めてブラジル出版界の最高峰「ジャブチ賞」を受賞し […]
  • 第3回 選挙とマーケティング ②2014年11月1日 第3回 選挙とマーケティング ②  前回のコラムで、今回の選挙でどの候補に投票するかで、かなりはっきりと階層の違いが分かるという仮説をもとに、第1回投票の各候補の得票比率に応じて、かなり強引ではあるが、各州の人口を当てはめて、エリア分析の参考にしたい旨を述べた。 選挙自体は僅差でジルマ大統領の再選で終わった […]
  • 開会式に臨む選手ら2014年4月10日 日本の中学生130人〝足〟磨く=イトゥー市サッカー大会=「次こそ」捲土重来を誓う=優勝チームは二つともブラジル勢 ニッケイ新聞 2014年4月10日 サンパウロ州イトゥー市主催の『第3回イトゥー市日ブラジル際サッカートーナメント』が先月24日から30日まで開催され、日伯の全18チームが交流戦を行った。株式会社フッチボーラ(本社=東京、土井エジソン社長)が企画運営。14歳以下と15歳以下の […]