ホーム | 日系社会ニュース | 61年1月のあるぜんちな丸=渡伯50周年の同船者会

61年1月のあるぜんちな丸=渡伯50周年の同船者会

ニッケイ新聞 2010年11月18日付け

 1961年1月9日サントス港着の「あるぜんちな丸」(第3回航海)で移住した吉田しのぶさん、市田邦彦さんが渡伯50周年記念の同船者会を計画しており、同船の移住者に連絡を呼びかけている。
 同船では約800人が移住。家族移民ほか、コチア青年や花嫁移民もおり、ベレンで下船した人も多かったという。同船会は移住後に一度開いており、それ以来となる。
 集いは渡伯50年になる来年1月の着港日前後を予定している。「正式な日時、場所は同船者と連絡を取りながら決めたい」と吉田さんは話し、連絡を呼びかけた。
 連絡先は次の通り。吉田=11・5012・2284(夜のみ)または2275・8231(職場)、市田=19・3895・2322

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 59年8月のあるぜんちな丸=50年目で集まろう!=8月2009年6月13日 59年8月のあるぜんちな丸=50年目で集まろう!=8月 ニッケイ新聞 2009年6月13日付け  一九五九年八月十三日にサントス港へ到着した第四回あるぜんちな丸の同船者会が、八月十六日午前十時よりリベルダーデの群馬県人文化協会会館(サンジョアキン街526)で開かれる。 […]
  • 船内、移住当初、今を語る=さんとす丸同船者会=懐かしい話に頬ゆるむ2011年5月27日 船内、移住当初、今を語る=さんとす丸同船者会=懐かしい話に頬ゆるむ ニッケイ新聞 2011年5月27日付け […]
  • 大耳小耳2016年8月11日 大耳小耳  神戸の日伯協会機関紙『ブラジル』972号が7月に刊行された。9月のパラグアイ日本人移住80周年出席をひかえて、眞子内親王殿下が7月15日に移住ミュージアムを2時間余りご視察されたとか。11月19日には同協会創立90周年記念式典を予定。興味深いのは9月24日午後2時半からの90 […]
  • 大耳小耳2016年2月26日 大耳小耳  24日付け6面でお知らせした、日本の偉人に焦点を当てる広島県人会の講演会。テーマの一つである「村上水軍」についてネットで調べたところ、ミニスカートをはいた(いかがわしい)少女のアニメ画像がチラホラ。荒れ狂う海の上で戦う勇ましい男たちの姿を勝手に想像したのだが、どうやら「村上水 […]
  • 神戸の〝落書き〟はこの人が=49年間〝行方不明〟=コチア青年の佐藤修司さん2010年2月24日 神戸の〝落書き〟はこの人が=49年間〝行方不明〟=コチア青年の佐藤修司さん ニッケイ新聞 2010年2月24日付け  移住から49年間、〃行方不明〃だったコチア青年がいる。佐藤修司さん、70歳。「僕は不良青年で」と柔和な顔で話す佐藤さんは、実は旧神戸移住センターに残された「落書き」の張本人でもある。 […]