ホーム | 日系社会ニュース | イビウーナでマ・ゴルフ=11クラブから150人

イビウーナでマ・ゴルフ=11クラブから150人

ニッケイ新聞 2010年12月1日付け

 イビウーナ文化協会マレットゴルフ部(末次文明部長)主催の第19回マレットゴルフ大会が11月14日同文協で開かれ、地元、国士舘、日本カントリー、コペル・コチア、グランデ・サンパウロ、サンミゲル・アルカンジョ、スマレー、モジ、コロニア・ピニャール、イタペチニンガの11クラブから150人が参加した。出場者には米国在住の人もいた。
 午前10時から開会式、10時半に一斉にスタートし36ホールで汗を流した。終了後は同文協母の会による料理で昼食、地元有志寄付の花卉類抽選もあり賑わった。
 大会結果は次の通り。順に1位から。敬称略。エストラ組=古谷功、高橋邦夫、川上哲司、A組=大越常雄、川上公三、内村久男、B組=ヤマノ・マサカツ、ハシモト・マサオ、シルバ・マノエル、C組=ヤマノ・イザベル、ホソヤ・ヨシキ、ヨコタ・ヒロミ、ホールインワン賞=イヌヅカ・チヨコ、アキヤマ・ゲンイチ、ウチムラ・ヒサオ、ニヤピン賞=(男子)ミウラ・スミオ、(女子)ヤマノ・イザベル。

image_print

こちらの記事もどうぞ