ホーム | 特集 | 【特集 本門佛立宗】20年までに全州に寺院拠点を=102年目の新たな挑戦=意気込むコレイア教区長

【特集 本門佛立宗】20年までに全州に寺院拠点を=102年目の新たな挑戦=意気込むコレイア教区長

ニッケイ新聞 2010年12月3日付け

Budismo Primordial realiza evento budista ineito no Brasil
– Passeata pela paz e ecologia
– Teatro Compaixao de Buda
– Festa da Iluminacao
– Ordenacao Sacerdotal

 「2020年までに全州の州都に寺院拠点を建設する」――。11月14、15の両日にわたり開催された『佛立フェスタ』でブラジル本門佛立宗教区長であるコレイア教伯氏はそう力を込めた。全伯への布教を目指し、広くブラジル社会に仏教文化を伝えるため、初の試みとして開催された同フェスタ。初日には、約1千人が平和を訴えるパレード、全11寺から21の教務(僧侶)が参加した寂光祭に続き、青年部が本格的な舞台を披露した。翌15日には、得度式があり、22人目の教務が誕生。布教活動にまい進する本門佛立宗の2日間を追った。

 「教務の半分以上が非日系人、10年前までは逆だった」と振り返るのは、山田カズナリ弘通(広報のこと)部長。
 同宗寺院は全伯11寺、信者は3500家族約1万人。「その数はここ10年での増加が著しい」と続ける。
 笠戸丸の乗船者である茨木友次郎(日水上人 )と共に渡った同宗は、ブラジル102年の歴史を持つ。
 今年1月、非日系人として初の教区長に選ばれたコレイア氏は「百年で11寺は少ない」と話し、冒頭の言葉に続けて「茨木上人の50回忌に当たる20年には、全州都に50人の教務を配置したい」と展望を語る。
 寂光祭のあいさつでも「今日は待ちに待った大切な日。今までは少し引っ込み気味であったが、これをもちブラジル国民にも広めたい。仏教は広めてこそ真に意味がある」と流暢な日本語で述べた。
 約1200人の信者が参加した寂光祭の法要では、釈迦が悟りを開いた明け方の情景を500個の提灯の光で再現、悟りの幸福に包まれる瞬間を演出した。
 教務らが唱える読経にあわせ信者らの「南無妙法連華経」の声が荘厳に響き渡った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本門佛立宗=〃佛立聖地〃に宝塔完成=日水上人の悲願が結実=終戦70年、平和の鐘響かせ2015年8月15日 本門佛立宗=〃佛立聖地〃に宝塔完成=日水上人の悲願が結実=終戦70年、平和の鐘響かせ  ブラジルにおける本門佛立宗の初祖・茨木日水上人の悲願が結実しようとしている。2011年、本門佛立宗(コレイア教伯教区長)は、全国信者の浄財でサンパウロ州タピライ市にある自然保護区に76アルケールの土地を購入し、寺や福祉・教育施設を併設する〃佛立聖地〃を建設すると発表した。 […]
  • 本門佛立宗=開祖・日扇聖人生誕200年=佛立第26世講有が来伯=全伯8カ寺と佛立聖地巡教2017年11月18日 本門佛立宗=開祖・日扇聖人生誕200年=佛立第26世講有が来伯=全伯8カ寺と佛立聖地巡教  本門佛立宗開祖、日扇聖人(長松清風)生誕から200年――。日本から佛立第26世講有高須日良上人と団参者17人が先月27日から今月7日にかけて慶祝訪伯し、ブラジル本門佛立宗(高崎日現教区長)の8カ寺と佛立聖地を巡教した。10日間でその道程はおよそ3千キロにもおよんだ。中 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 2008年6月27日 【特集】モジ・ダス・クルーゼス市百周年 ニッケイ新聞 2008年6月27日付け モジ百周年公園ついに完成=開所式をあす開催=充実した設備を誇る=「先人の労苦に敬意」=「ブラジル人への感謝の気持」  百周年を記念してパラナ州マリンガ、ロンドリーナ、サンパウロ州でもプレジデンテ・プルデンテなど各地に日本庭園が誕生 […]
  • 2013年12月21日 救済会60周年と憩の園55周年 ニッケイ新聞 2013年12月21日 71年間も救済活動続け=戦中から邦人救護に専心  救済会の正式発足は1953年だが、その前身である「サンパウロ市カトリック日本人救済会」は1942年6月、戦争中にその活動を開始していた。コチア産業組合中央会のような食糧供給の国家的役割を担っ […]