ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2010年12月10日付け

 サンパウロ州内陸部で7日、海軍基地に入り込んだ犯罪者達がジェットスキー10台を盗み出すという事件が起きた。ところが、盗んだジェットの燃料は極わずか。そのまま逃げ切るつもりだった犯罪者達は3キロ先の草むらに盗品を放棄して徒歩で逃げ、盗品はすべて無事回収というから、骨折り損のくたびれもうけか。同日付フォーリャ紙には、サンパウロ市南部の小学生達が、グアラピランガ湖をボートで横切ってからバンに乗り換える事で、車だけなら70分かかる通学が25分という記事もあった。霧の日は時間がかかるというが、雨の日は?
     ◎
 クリスマスや年末年始の雰囲気が色濃くなっているが、サンパウロ市では、パウリスタ地区のMASPで15~17日の午後8時からジャズショーなど、特別イベントを組んで応援。クリニカスやタツアペーなど地下鉄7駅では合唱団の公演が17日までに40回行われる他、パウリスタ地区のパンアメリカン銀行では24日までの金曜日の正午からと17日の午後9時から、イタウ銀行では1月1日までの毎日午後6時から9時半まで30分おきに、コンサートが企画されているという。5年間鐘の音が聞けなかったセー広場の大聖堂では、16日から鐘の演奏を再開。1958年にオランダから運ばれたという鐘には今回の修復作業で自動演奏機能も付けられ、一定間隔で音楽を流す事も可能になるという。

image_print

こちらの記事もどうぞ