ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2010年12月18日付け

 日本野球連盟が13日に発表した社会人野球ベストナインで、ブラジル出身の佐藤二朗選手が二塁手部門、田中マルシオ敬三選手が遊撃手部門にそれぞれ選ばれた。2人はともに30歳。田中選手は東京農大からJR九州に入り、今年はチームの都市対抗、日本選手権準優勝に貢献。一方の佐藤選手は99年にプロ野球ヤクルトに入団、5年で退団したものの、その後野村克也氏が監督を務める社会人野球シダックスで活躍し、07年からヤマハでプレーしている。地道な努力が実った受賞。うれしいニュースだ。
        ◎
 サンパウロ州グァタパラ移住地で発行する月刊「グァタパラ新聞」がインターネット(ブログ)で見ることができるようになった。4ページ立て新聞を1ページごとに写真画面で掲載しており、これまで郵送されていなかった人も同地の情報に触れられるようになる。行事や来訪者、俳句、訃報など、移住地の話題を文協会員だけでなく、コロニアに知らせる同新聞は、12月で430号を数える長寿新聞。現時点ではまだ11月の分だけだが、将来はバックナンバーや移住地の写真掲載にも期待したいところだ。便利にはなったが、「どうしても送ってほしいという人は連絡を」と同新聞は呼びかけている。同ブログのアドレスは=http://jornalaaceg.blogspot.com/

image_print

こちらの記事もどうぞ