ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 100周年移住式典を控える和歌山県人会は、記念事業費12万レを寄付で集めるというからすごい。数年前の創立式典でも、たしか9万レを集めたとか。約80人のボランティアが支える県連日本祭りのお好み焼き販売も大成功であり、結束の強さを感じさせる。売れなくなった時が怖いが、きっとそれを乗り越える団結力もあるだろう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月13日 大耳小耳  10日、「埼玉県出身者の集まり」があると聞いて、同県出身の耳子も足を運んだ。出席者は駐在員や、現地採用社員など20~40代が10人ほど。呼びかけ人はブラジル日本商工会議所に勤める吉田章則さん。「今年は埼玉からの移民100周年の節目。日系社会と一緒に何かできないかと模索している […]
  • 大耳小耳2017年2月14日 大耳小耳  国際交流基金は、16日午後7時から、聖市の三重県人会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]
  • 大耳小耳2017年4月7日 大耳小耳  4日付本面「5県人会の第22回屋台祭り」の記事中に誤りがあった。滋賀県人会が出すのはてっきり「近江肉うどん」かと思っていたら、本当は「関西風しょうゆラーメン」だそう。20レで販売する。聖市のラーメンブームに新しく関西風が参入だ。レストランの料理は一年中食べることができるが、婦 […]
  • 大耳小耳2016年9月16日 大耳小耳  和歌山県人会の会報第3号が発行された。日本祭りや敬老会、県に縁のある南麻州ドウラードス訪問の報告など、日ポ両語で28ページと盛り沢山。18日午後には県人移住百周年を記念し、追悼供養を行なうよう。記念祭も来年に準備中とのことで、役員らはこれから忙しくなりそうだ。 […]
  • 大耳小耳2017年2月7日 大耳小耳  岐阜県人会が今年もパソコン教室の生徒を募集している。文書作成、インターネット閲覧方法のほかメールの使い方も学べるので、「日本の親族と連絡がとりたい」という高齢者に好評だった。講座は1対1で、個々の学習速度に合わせて進む。全20時間の基本コースは一般210レアル、会員には割引き […]