ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

    ◎

 『楽書倶楽部』第27号(創刊7周年記念号)が15日に刊行された。なんと充実の156ページ。執筆者は46人もおり、梅崎嘉明、小野寺郁子、広川和子諸氏ら文章の先生格がぞろぞろ。また本紙に上塚周平伝「荒野の人」を連載した故・能美尾透さんの生涯を記した小池みさ子さんの文章も興味深い。有沢真理子さんの「死の受容」では、《七年前、末期ガンの姉をしばらくお世話しました。病院に入って三日目、大量吐血と出血、それでも自分で起きて用が足せた姉は、普通に駆けつけた姉弟と話している最中、ふと、まじまじと宙を見つめ、何かに迎えられるように両手を差し出し、とっさに異変に気付いた弟に抱き支えられながら、コトリと息絶えました》との実話も。記念号だけに力の入った文章ばかり。関心のある人は日毎叢書企画出版(電話11・3341・2113)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2018年1月23日 大耳小耳  09年2月に劇団笠戸丸として伯国4都市で公演を成功させた熊本県を拠点に活動する「劇団夢桟敷」。今度は、プロミッソン入植百周年とブラジル熊本県人会60周年を迎えるにあたって、10月に来伯公演することになった。今回の題目は『万華鏡~百年物語 肥後もっこす海を渡る2018』。一昨年 […]
  • 大耳小耳2016年4月28日 大耳小耳  県連の2015年事業報告書が完成した。1頁目には「県別移民者数」が掲載され、地震を被災して大変なことになっている熊本県を見てみると堂々の第1位、2万3575人が移住している。2位の沖縄県は2万0449人、3位の福岡県は1万9509人となっており、ダントツの多さを誇る。熊本県出 […]
  • あけましておめでとうございます2019年1月8日 あけましておめでとうございます  ニッケイ新聞読者の皆様、あけましておめでとうございます。  旧年中はブラジル日本文化福祉協会およびブラジル日本移民110周年記念祭典委員会に対し、温かいご理解ご協力を頂き、誠にありがとうございました。  昨年は、ブラジル日本移民110周年を記念する祭典がブラジル各 […]
  • リベルダーデの名の由来と人骨発見の関係2018年12月11日 リベルダーデの名の由来と人骨発見の関係  先週、「リベルダーデ区の建設現場から帝政時代の奴隷の人骨が発見された」とグローボTV局をはじめ、伯字メディアが盛んに報じた。ガルボン・ブエノ街の建物を取り崩し、商業ビルを建築するために地下を掘っていたら7体の人骨が出てきたという。  リベルダーデ(自由)広場の名前の […]
  • 熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」2018年11月14日 熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」  ブラジル熊本県文化交流協会(田呂丸哲次会長)の創立60周年記念式典(小山田祥雄実行委員長)が、聖市の同会館で4日に開催され、母県からは小野泰輔副知事、森浩二県議会副議長、松田三郎県議、植松浩二熊本市副市長、田辺正信(まさのぶ)同市副議長らを始め、熊本日伯協会(河村邦比 […]