ホーム | 特集 | 新年特集号 | 2011年新年号 | ■年頭のご挨拶=サンパウロ日伯援護協会 会長森口忠義イナシオ

■年頭のご挨拶=サンパウロ日伯援護協会 会長森口忠義イナシオ

特集 2010年新年号

ニッケイ新聞 2011年1月1日付け

 2011年の年頭に当たりまして、日系社会の皆様に謹んでご挨拶申し上げます。
 日系社会の皆様にはご健勝にて新年を迎えられたこととお慶び申し上げますとともに、旧年中は皆様から温かいご理解と多大なご支援を賜り、心より感謝申し上げます。特に、念願でありましたリベルダーデ地区に社会福祉団体として援協社会福祉センターを開設できましたこと大きな喜びであります。
 時代とともに福祉や医療を取り巻く環境は大きく変わってきており、日々の対応、積み重ねが大事だと考えます。
 当会は、13500名の会員を数え、職員1600名、公益団体として日伯友好病院、3つの診療所(福祉センター内、イタケーラ及びグアルーリョス市との連携による診療所)をはじめ、4つの養護老人ホーム(サントス厚生ホーム、カンポスさくらホーム、スザノイペランジャホーム、あけぼのホーム)、精神障害社会復帰センターやすらぎホーム、サンパウロ市と地域の児童及び高齢者に対する社会教育の活動をしている奄美事業所、さらに、自閉症児療育学級(青空学級—PIPA)の事業所を有する団体になり、今後もブラジル社会において福祉・医療の両面で評価されるとともに、日系社会に貢献していく所存でございます。
 改めて、援協創立時代の精神、いたわり、助け合いを思い返し、私どもは福祉と医療の両車輪で役職員が一体となり努力し、明るい、健やかな日系社会を造るために今後ともにご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
 終わりにのぞみ、2011年が皆様にとりまして、幸せ多き良き年でありますよう祈念いたしまして、私の挨拶とさせていただきます。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 聖州の自殺者30%増加=10万人当たり5・6人2016年9月13日 聖州の自殺者30%増加=10万人当たり5・6人  聖州の登記所発行の死亡証明書に記された死因を分析した結果、13/14年の自殺者は10万人につき5・6人で、01/02年の4・3人より30%増えたと8日付G1サイトが報じた。  10日の世界自殺予防デーを前に発表されたもので、自殺率が高いのはマリリアやリベイロン・プレットの1 […]
  • 援協会費、一部5%値上げ=SMA救急は本格稼動へ2016年1月14日 援協会費、一部5%値上げ=SMA救急は本格稼動へ  サンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)による12月定例役員会が17日、同会本部で開催された。援協の財務状況や聖州サンミゲル・アルカンジョの救急診療所などについて報告が行われた。 11月の退会数者は88人、新規入会が3人で会員数は9425人。会費については役員、法人会員の5%引 […]
  • 東西南北2016年3月8日 東西南北  4日のルーラ前大統領のラヴァ・ジャットでの事情聴取は伯国に大きな波紋を投げかけたが、これで勢いづいたのが野党側だ。14年の大統領選2位のアエシオ・ネーヴェス氏は4日の夕方、ツイッターで「この機会を今後の糧にしなければならない」とし、13日に行われる反政府デモに全力を注ぐことを […]
  • 故エドゥアルド・カンポス氏(PSB)2015年1月17日 カンポス=墜落飛行機の真相明らかに=操縦士の過失が重なり=基本を無視した着陸復行=副パイロットとも悪関係  昨年8月、大統領選キャンペーン中に死去したエドゥアルド・カンポス氏(ブラジル社会党・PSB)の搭乗機墜落の原因は、操縦士の過失が重なった結果との調査結果がまとまったようだ。16日付エスタード紙が報じている。 カンポス氏を乗せた小型機「セスナ560XL」は、14年8月13日 […]
  • LJ=クーニャ議長宅を一斉捜査=収賄や資金洗浄の証拠求め=関連する人物にも疑惑の目=新旧閣僚や議員も対象に2015年12月16日 LJ=クーニャ議長宅を一斉捜査=収賄や資金洗浄の証拠求め=関連する人物にも疑惑の目=新旧閣僚や議員も対象に  15日午前、ラヴァ・ジャット作戦の一環としてのカチリナリアス作戦が敢行され、ブラジリアとリオのエドゥアルド・クーニャ下院議長(民主運動党・PMDB)宅で家宅捜査が行われた。また、同議長との関係やLJでの疑惑が疑われている、現職閣僚や元閣僚を含む政界の大物の家宅捜査も同時に行わ […]