ホーム | 日系社会ニュース | サンパウロ交響楽団=震災支援コンサート=宗像直美指揮で武満作品も

サンパウロ交響楽団=震災支援コンサート=宗像直美指揮で武満作品も

ニッケイ新聞 2011年4月7日付け

 サンパウロ交響楽団による震災支援コンサートが11日午後9時から、サーラ・サンパウロ(Praca Julio Prestes, 16)で行なわれる。
 日系5団体(文協、県連、援協、日文連、商議所)、在サンパウロ日本総領事館の後援。
 サンパウロ州政府文化局により会場が無料提供され、宗像直美がタクトを振るう。
 武満徹「弦楽のためのレクイエム」、ブラジルの代表的作曲家ヴィラ・ロボス「ブラジル風バッハ第5番と9番」、中田喜直「蝶」(女性合唱組曲)などが演奏される。
 入場料は50レアル(60歳以上、学生は半額)。同劇場のチケット売り場でも販売されるが、イングレッソ・ラピド(www.ingressorapido.com.br、電話=11・4003・1212)でも購入可能。
 入場料は義捐金として日本に送られる。なお、会場でも募金活動が行なわれる。

image_print

こちらの記事もどうぞ