受賞者よろこびの声

第55回パウリスタ・スポーツ賞

ニッケイ新聞 2011年4月9日付け

 節目の第55回パウリスタ・スポーツ賞を受賞したのは、16部門2特別賞の18人。贈呈式では様々な喜びの声が聞かれた。
 相撲部門の本村巌夫さん(82)は、「受賞は先輩、皆さんのおかげと感じている」と謝辞。水泳部門の橋本ユタカ・フランシスコさん(70)は、「水泳を通じて日系社会とブラジル社会の融合に貢献できた」と喜びを表した。
 野球部門受賞の沢里オリビオさん(65)は、豊和工業少年野球部などで技術を磨き、全伯野球連盟副会長、パウリスタ球連会長などを歴任。08年にはボン・レチーロ球場改築など移民百周年事業の推進に尽力した。「たくさんの先輩が来てくれて嬉しい。最高ですよ」と喜ぶ。
 庭球部門で受賞した森谷悟郎さん(67)はパラグアイのラ・コルメナ移住地生まれ。ブラジルへ留学して定住し、現在はサンパウロ市で医療機器販売会社を経営する。テニス経験は35年、今も毎朝5時半から練習を続けているという。「テニスは元気の秘訣。病気もしませんよ」と笑顔を見せた。
 21歳から柔道を始めた城間盛浩さん(62)は後進指導の傍らマスターズ大会に出場し、昨年は全伯大会で優勝を果たした。「柔道のおかげで健康」という城間さん。「この年でも20代、30代の人に負けない気持ち」と話した。
 橋詰明夫さん(64)は長年務めたパウリスタ・マレットゴルフ連盟会長を勇退したことを機会に受賞した。ゲートボールやテニスの愛好者から始まり、現在の同連盟会員は800人。「健康にいいスポーツとは思っていたが、こんなに広まるとは思わなかった」と振り返り、「日系以外も含め今後どう普及していくかが課題」と話していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • 第62回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄冠=110周年記念して将棋にも=サンパウロ市議会で4日に授賞式2018年4月5日 第62回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄冠=110周年記念して将棋にも=サンパウロ市議会で4日に授賞式  伝統あるニッケイ新聞主催の『第62回パウリスタ・スポーツ賞』授賞式が来月4日夜、サンパウロ市議会の貴賓室で行われ、25人に栄えある記念プレートが授与される。戦後の日系スポーツ振興を目的に創設され、今年で62回目を迎えた。今回は日本移民110周年を記念して特別賞に将棋部門を設け […]
  • 「一体感ある熱いステージに」=水森かおり、岩佐美咲ら来伯=12日公演に向け意気込む2017年8月11日 「一体感ある熱いステージに」=水森かおり、岩佐美咲ら来伯=12日公演に向け意気込む  12日にサンパウロ市のアニェンビー国際会議場大ホールで開催される「長良グループ・演歌まつりinブラジル」を前に9日午後9時、ニッケイパレスホテルで記者会見が行なわれた。会見には出演する水森かおり、岩佐美咲や、3人組歌謡グループ「はやぶさ」が出席し、本公演への意気込みを […]
  • 【祝 福博村入植80周年】福博村80年の歩み2011年10月22日 【祝 福博村入植80周年】福博村80年の歩み ニッケイ新聞 2011年10月22日付け 1931年3月:原田、古賀家入植。11月杉本家が入植 1933年6月:福博二五青年会創立。古賀茂敏会長 1934年10月:福博初の日本語学校が開校。服部信永教師 1935年1月:14人の会員で福博日本人会が創立された。原田敬太会長 […]
  • 受賞者(カッコ内は出身地、年齢、主な役職・功績など)2011年4月9日 受賞者(カッコ内は出身地、年齢、主な役職・功績など) 第55回パウリスタ・スポーツ賞 ニッケイ新聞 2011年4月9日付け 【相撲】本村巌夫(鹿児島、82、ブラジル相撲連盟・ABC相撲協会役員)=伯相撲連盟推薦 […]