ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2011年4月12日付け

 海岸山脈のクワレズマが、色鮮やかに咲き誇り秋の到来を語りかける。米や大豆の収穫もだし、果物もたわわに実り、街角の店頭には見事なばかりの梨、リンゴや柿が艶やかなばかりの肌で客らの足を停める。今さら言うのもおかしいけれど、これらの果物は日本の専門家が来伯して技術指導したものであり、言わば「日本の果物」である▼あの「富士」の植栽の研究に後沢博士がブラジルに来てからもう40年になるが、1970年代の初めに「サ・カタリーナはリンゴ栽培に適した地」と語ったが、確かに—「富士は美味い」。あのラーモス移住地には、「幸水」などの梨が立派に育ち、聖南西でも確か「豊水」という梨の実が甘い。がぶりと噛み砕くと、あの甘み豊かな果汁が口の中に広がり浮世の憂さが飛び散り口福の酔いに溺れてしまう▼リンゴも梨も、寒さがないと旨いものはできない。そんなことから南伯地方が選ばれたのだし、これは戦後移住の大成功の一つ。富有柿は今やブームになっているが、これも気候が原因してサンパウロ州がよく育つ。耳食ながら—糖度も日本より高いそうだし—これも香りがとてもいいし「実に甘い」。このカキも、どうやら、中国からの伝来したものらしい▼故・牧野富太郎博士は、野生カキなどから日本原産説だが、異説も多く、今もはっきりしない。リンゴにしても、酒乱で妻斬殺の嫌疑も濃い黒田清隆(首相)が明治4年にアメリカから75品種を持ち帰っている。大正年間には約60、昭和になると500品種も取り寄せているのだから、どうやら「富士」の祖先も、あるいは欧米系なのかもしれない。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ歌壇(519)=上妻博彦 選2016年8月19日 ニッケイ歌壇(519)=上妻博彦 選       サンパウロ      武地 志津軽量も気迫で乗り切る日馬富士巨体逸ノ城下(くだ)す上手投げ白鵬の手が顔面を被いたる瞬間豪栄道の腰砕け一瞬を松鳳山の変化にて又も不覚を取りし稀勢ノ里両手上げ怯える様の「勢」に白鵬忽(たちま)ち体勢崩れる日馬富士の優勝称え喜びを分かち合い […]
  • ニッケイ俳壇(892)=星野瞳 選2016年6月16日 ニッケイ俳壇(892)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎虻が来て蝶来て天気葱坊主着ぶくれて南風寒き国に老ゆ行く秋や牧場に白き月残し草山の草分けのぼる秋の風雲の峰一日崩れず牧遅日 […]
  • ニッケイ俳壇(888)=星野瞳 選2016年5月12日 ニッケイ俳壇(888)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎屠蘇を酌む我百才をブラジルに野の雨降りそびれたる残暑かな宙を飛び逃げる蛇追ひアヌン二羽草青む牧場に光る沼一つこぼれ種子まで生える蕎麦の花盛り【百才を迎えたこの作者はまだ元気一ぱい、たのもしい限りである】   ペレイラ・バレトット    […]
  • ニッケイ俳壇(887)=富重久子 選2016年5月10日 ニッケイ俳壇(887)=富重久子 選    サンパウロ         平間 浩二里山の一村挙げて吊し柿【秋も深まってくると、この「吊し柿」が店頭に並び懐かしくてよく買い求める。 この句の「里山」とはスザノあたりの地方であろうか。スザノ地方では柿の出る頃は、吊し柿や串柿作りで忙しいことであろう。 「里山の一村挙げて […]
  • ニッケイ歌壇(502)=上妻博彦 選2015年12月19日 ニッケイ歌壇(502)=上妻博彦 選 アルトパラナ  白髭ちよ 幾日もの闘病生活空しくて友は一人黄泉への旅に 眠る如安らかな面(おも)の美しく並み居る人等に安堵与える のうそん誌を繰り返し読み好みしと付き添いし人吾に語れり のうそん誌を貸して上げたき人は逝き後幾冊も本棚に眠る […]