ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2011年6月23日付け

 東京にある立教大学系付属で、イギリスに所在する立教英国学院から入学志願者の募集が送られてきた。1972年にされた欧州で初めての全寮日本人学校だ。日本の教程中心に、国際人を育てるよう現地の英国教育も取り入れているとか。従来は駐在員などの海外在住者に限定されていたが、昨年から日本在住者にも道が開かれた。詳細はサイト(www.rikkyo.co.uk)まで。企業進出ブームが再び始まっている今、この種の学校も当地にできたら良いかも?!
     ◎
 5月の技量審査場所で敢闘賞を受賞した魁聖(24、三世)が、在日ブラジル人向け無料雑誌「alternativa」(01年創刊、公称6万部)の表紙に抜擢された。日刊スポーツが報じた。全10ページの特集では、魁聖の生い立ちや日本での苦労話を紹介しているという。グローボTVが友綱部屋を訪れ本人を取材。各種雑誌でも取り上げられているようだ。帰国の予定は9月場所終了後。メディアの注目度も同場所での活躍にかかっている。
     ◎
 ブラジル国立先住民財団が21日、アマゾン熱帯雨林で文明社会と未接触の先住民約200人が住むとみられる集落を上空から確認したと発表したらしい。専門家が小型機で周辺を飛行し、わらぶき屋根の小屋や農地を確認、複数の農作物やバナナの木もあり、いずれも1年以内のものとみられるという。同財団によると、集落が確認された地域は「孤立した集団が世界で最も多い場所」で、この地域には文明社会と未接触の先住民計約2千人が居住しているとか。まだまだ我々が知らない先住民が多く存在しているようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 乾杯するコシノさんと矢柳さん2014年1月25日 世界のコシノ「和食はアート」=矢柳氏との二人展も開幕 ニッケイ新聞 2014年1月25日 【既報関連】世界的ファッション・デザイナーのコシノジュンコさんが、現代美術家の矢柳剛さんと南米初の二人展『オーパ!陽気な黙示録』(17日付詳報)を開くため来伯し、21日、展示会に先立ち総領事公邸で和食文化紹介イベントを行った。日系団体代表 […]
  • 二輪にはねられ女性死亡=レシフェ在住の柴田さん2013年12月3日 二輪にはねられ女性死亡=レシフェ在住の柴田さん ニッケイ新聞 2013年12月3日  11月27日午前6時、ペルナブコ州オリンダ市で柴田さなえさん(31、東京都)が、バイクにはねられ頭蓋損傷し、29日に搬送先の病院で亡くなった。4日午前9時より、レシフェ日本文化協会にて葬儀が執り行われる予定。 […]
  • キャプテン・ナシメント米国へ出動?!=Wモウラがハリウッド映画進出2013年8月31日 キャプテン・ナシメント米国へ出動?!=Wモウラがハリウッド映画進出 ニッケイ新聞 2013年8月28日  ヴァギネル・モウラは「現在のブラジルで最高の俳優」とも評されることもある存在だ。ブラジル史上最大のヒット映画となった『トロッパ・ダ・エリッチ』の主役キャプテン・ナシメント役で名声を得た彼は最新出演作『エリシウム』(ブラジル公開・9月20日) […]
  • 2012年11月28日 第14回=バレイリンニャス=まるでパリ・ダカール=アマゾンに広がる砂漠の謎 ニッケイ新聞 2012年11月28日付け  10月2日午後2時過ぎ、一行が泊まる宿の前にはズラリ10台近くもバンジが並ぶ——壮観だ。現地集落を越えると砂地の道が延々と14キロも続く。運転手含めて11人も乗員が乗っているから車は重い。ゆっくり走ると砂に足を取られ […]
  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]