ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2011年6月30日付け

 サンパウロ市の地下鉄4号線の営業時間が、29日から午後9時までに延長された。当初の予定では29日には午後12時まで延長といわれていたが、4号線はまだテスト段階のため、当面は午後9時までの延長との説明。午後12時まで延長となれば好都合と喜んでいた人々には肩透かしの予定変更後は、12月の予定が10月、9月と前倒しされてきているレプブリカとルス駅開業予定も、ぬか喜びで終わるという事になるのではとの懸念の声が出てきそうだ。
     ◎
 サンパウロ州のジャカレイ市で28日、生まれたばかりの双子がプラスチックの袋に入れて捨てられており、通報を受けた警察が駆けつけた時には既に息絶えていたという事件が起きた。袋の中身が動いているのに気づいた再生ゴミ回収者がコンドミニアムの管理人に知らせ、同管理人が警察に通報したもの。市警では早速、この寒空に物同様に捨てられた赤子達の親を探し始めたが、親子の情や命の大切さを思う心はどこへ行ってしまったのか。
     ◎
 寒空といえば気になる事の一つが路上生活者だが、今年最高の冷え込みを記録した28日未明、サンパウロ州で2人、パラナ州クリチバで2人、寒さが原因と見られる死者が出た。サンパウロ州の2人は路上生活者と見られているが、クリチバ市の51歳男性は、出かけたまま帰ってこず、自宅の前で息絶えた状態で発見された…。

image_print

こちらの記事もどうぞ