ホーム | 日系社会ニュース | 国立がん研究センター 岩崎基博士=日本祭りで講演会17日

国立がん研究センター 岩崎基博士=日本祭りで講演会17日

ニッケイ新聞 2011年7月15日付け

 東京国立がん研究センターの岩崎基博士を講師に招いた講演会『がんの予防』が17日午後1時から、「日本祭り」の日伯友好病院スタンド(PI06)である。入場無料。日本語のみ。
 主催団体のサンパウロ日伯援護協会の坂和三郎副会長、岩崎さんが案内のため来社した。
 国立がんセンターでは、日系人の多いサンパウロ、ハワイ各地で大腸がんと生活習慣の関係を調査。当地でも07年から日伯友好病院などで900人分のデータを採取している。
 岩崎さんは、「がんになりやすい生活習慣と予防法について、分かりやすく解説します」と呼びかけている。
 なお、専門家を対象にした講演『大腸がんについて』が、16日午前8時半から、援協センター(Rua Fagundes, 121, 5o. andar)で行なわれる。
 問い合わせは日伯友好病院(11・2633・2498/アドリアーナ)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]
  • 本橋 幹久2015年1月8日 新年のごあいさつ 2 県連あいさつ文=日伯120年の絆=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋 幹久  新しい年2015年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 本年は「日本ブラジル外交関係樹立120周年」の節目の年に当たります。1895年に締結された「日伯修 […]
  • 2013年12月21日 救済会60周年と憩の園55周年 ニッケイ新聞 2013年12月21日 71年間も救済活動続け=戦中から邦人救護に専心  救済会の正式発足は1953年だが、その前身である「サンパウロ市カトリック日本人救済会」は1942年6月、戦争中にその活動を開始していた。コチア産業組合中央会のような食糧供給の国家的役割を担っ […]
  • 日本祭り=18万人来場、大盛況!=各イベントも活気あふれ=マルシア、涙の凱旋公演2013年7月31日 日本祭り=18万人来場、大盛況!=各イベントも活気あふれ=マルシア、涙の凱旋公演 ニッケイ新聞 2013年7月23日  ブラジル日本都道府県人会連合会が主催する『第16回日本祭り』がサンパウロ市ジャバクアラ区のイミグランテ会場で19日から3日間行われ、18万人が来場、晴天に恵まれ終日賑わいを見せた。日本からはマルシアの凱旋公演を始め、井上佑見や邦楽グループ「 […]
  • 援協・地区委員総会=会員1万5千人を目指す=年会費は90レに値上げ2012年12月1日 援協・地区委員総会=会員1万5千人を目指す=年会費は90レに値上げ ニッケイ新聞 2012年12月1日付け […]