ホーム | 日系社会ニュース | サントス旧街道で移民偲ぶ=歩こう会、笑顔でテクテク

サントス旧街道で移民偲ぶ=歩こう会、笑顔でテクテク

ニッケイ新聞 2014年3月20日
途中までは、ガイドの詳しい説明がつく

途中までは、ガイドの詳しい説明がつく

リベルダーデ歩こう会(高木ラウル会長)が16日、サントス旧街道、別名「カミーニョ・ド・マール」(海の道)へウォーキング・ツアーを開催し、44人が参加した。同ツアーの開催は05年に始まり、今回で7回目。晴天に恵まれた同日、移民の歴史をしのびながら9・2キロの街道を下った。

サントスとサンパウロ市をつなぐ同街道はセーラ・ド・マール州立公園内に位置しており、右手は絶景、左手は大西洋岸林の自然がそびえたつ。1844年に開通し、物流の要所としてサンパウロ市の発展を支えた。1913年に石畳、25年に南米で初めてコンクリート舗装され、2004年からは観光地としてにぎわっている。11年3月、雨による土砂崩れで閉鎖されたが、昨年12月に整備され再オープンした。

開場までの待ち時間、ラジオ体操協会に所属して20年になるアラブ系二世のソニア・ジブさんの指揮で、皆で準備体操。続いて現在、同道の運営を担うサンパウロ州立エネルギー開発会社(EMAE)のガイドの案内を受け、1792年に砂糖の運搬のため開通した旧道カウサーダ・ド・ロレーナや、サンヴィセンチ市が一望できるポウゾ・パラナピアカーバ、休憩所ランショ・ダ・マイオリダーデなど、道中に点在する歴史的文化遺産と自然を愛でながら散策した。

今回の参加者の最高齢は、男性が91歳の大畑昌さん、女性は86歳の浦林敦子さんで、二人とも若者に負けない歩きっぷりを見せていた。

「若いころからカミニャーダ(ハイキング)がすき」という小池みさ子さん(76、長野)は、「80歳以上の人が沢山いたけど、皆歩くのが早くて元気」と刺激を受けた様子。「子どもの頃に移住した時この道を通ったって両親から聞いた」と懐かしむ声も。

クバトン市到着後、サントス厚生ホームで昼食をとり、入居者とカラオケ大会で親睦のひと時を過ごし、帰路についた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ俳壇(884)=星野瞳 選2016年4月15日 ニッケイ俳壇(884)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎野良の雨降りそびれたる残暑かな宙をとび逃げる蛇追ひアヌン二羽草青む牧場に光る沼一つ屠蘇酌み我百才をブラジルに【作者は単身で一九三十四年八月三十一日、モンテビデオ丸でサントス着。同年九月三日、アリアンサに入植。今年その地を一歩も出られず […]
  • ニッケイ俳壇 (854)=星野瞳 選2015年9月5日 ニッケイ俳壇 (854)=星野瞳 選 アリアンサ 新津 稚鴎 枯野中庭をきれいに掃いて住む 一つ歩き皆歩き出す枯野牛 教会の扉につづくなり枯野径 遠野火をびっしり闇の閉ぢこめし 火の色の闇に滲まぬ遠き野火 […]
  • 2014年4月24日 サントス日本祭りに2500人=地元と共に食や舞踊で楽しむ ニッケイ新聞 2013年12月5日 サントス最大の日系イベント「第5回サントス祭り」が同日本人会(関谷アルシデス会長)により、11月30日から2日間、同会館で行われた。のべ約2500人が来場して、日本食などの出店、ステージの出し物、生花・書道のワークショップを楽しんだ。 同日 […]
  • 鐘ヶ江久之助(タウバテ文協50年史『盆栽』8頁)2014年3月29日 県連ふるさと巡り=開拓古戦場に思い馳せる=パライバ平野と聖北海岸=(3)=「コロニアに役立つ事せよ」=中央線触媒に珈琲耕地西進 ニッケイ新聞 2014年3月29日 出光興産サイトから「お客様センター」に、出光佐三の養子に「政美」がいたかどうか問い合わせると、翌日にメールで返答があった。《出光佐三の個人的な情報であるため、弊社よりお伝えすることは致しかねます》とのこと。残念ながら証明は難しいようだ。 […]
  • サンパウロ州=ATM爆破犯が壮絶逃走=銃撃戦4日間で10人死亡2014年3月20日 サンパウロ州=ATM爆破犯が壮絶逃走=銃撃戦4日間で10人死亡 ニッケイ新聞 2014年3月20日 15日にサンパウロ州カラグアタトゥーバで銀行の現金自動引落機(ATM)爆破事件が起き、逃走過程で軍警と幾度も銃撃戦を交した犯人グループは、4日間で10人が死亡した。19日付伯字紙が報じている。 事の発端は、15日午前4時30分頃にカラグアタ […]