ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2011年8月25日付け

 サンパウロ市近郊サントアンドレーの在住岡崎完さん(70、北海道)から先日、興味深い話を聞いた。愛知揆一元外相が忙しい私的日程を割いて、1971年1月頃わざわざサンパウロ市までお忍びで岡崎さんに会いに来たと聞き、驚いた▼愛知揆一(1907—73年)といえば、外相として72年の沖縄返還協定に向けての日米交渉を担当したことなどで知られる大物政治家だ。72年12月に第2次田中内閣が組閣されると蔵相に起用され、補正予算案の編成などの激務に追われる中、体調を崩し急性肺炎のため73年11月に亡くなった。当時、現役閣僚の死亡は45年の阿南惟幾陸軍大臣以来であり、病院に駆けつけた田中角栄首相をして「巨星墜つ…」と言わしめた▼そんな大物政治家がお忍びでサンパウロ市まで会いに来たなら、よほど重要な関係かと勢い込んで尋ねると、岡崎さんは「別にたいした話はしませんでした」という。会いに来た唯一の理由は「日本にいた頃から行き来していた仲だったので」とのことだった▼しかも、誘拐事件で有名な大口信夫総領事が仲介して館内で懇談となったが、その時に連れて行ったカメラ屋が撮影を失敗し、記念写真が残っていないとのこと▼岡崎さんは58年にボリビアに移住し、60に当地に転住。67年頃から学習館を設立し、最盛期には分校含めて500人もの生徒がいた。今は娘が引き継いでブラジル校と一緒に経営している▼元外相がお忍びで会いに来たとは、間違いなく移民の秘話だ。もし、なぜ会いに来たという動機にもっと明確なものあり、写真が残っていればこの逸話は100倍の価値を持っていただろう。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 沖縄戦の惨苦――戦争孤児 親富祖政吉=第4回2018年10月18日 沖縄戦の惨苦――戦争孤児 親富祖政吉=第4回  しかし僕は勉強にあまり身が入らず、学校を止めようかと思いながら2年生になっていました。2学期になって宮古島から仲村という社会科の先生が転任してこられた。  社会科の試験の成績が良かったということもあってか、先生から「今日先生は宿直だから、色々と話をしたいからお出で」 […]
  • 特別寄稿(追悼文)=田中慎二さんのこと=サンパウロ市在住 中島 宏2018年9月11日 特別寄稿(追悼文)=田中慎二さんのこと=サンパウロ市在住 中島 宏  また一人、コロニア、いわゆるブラジル日系社会から、異彩を放った稀有な人物が忽然と消えた。田中慎二さんが亡くなられた。享年八十三歳であった。  一九五五年に日本からボリビアに移住、その後、一九六〇年にブラジルへ再移住し、パウリスタ新聞社に入社後、コチア産業組合の機関紙 […]
  • 名護市慶祝団歓迎会、来月5日=80歳以上高齢者表彰も2018年7月13日 名護市慶祝団歓迎会、来月5日=80歳以上高齢者表彰も  ブラジル名護市親睦会(末吉業幸会長)は、「名護市訪問団歓迎会及び高齢者表彰」を8月5日午後7時から、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • 少年の部で優勝したニッケイ・クリチーバ2015年3月11日 第7回ヤクルト杯少年・準青年野球大会 Ⅶ TAÇA YAKULT DE BEISEBOL INTERCLUBES INFANTIL E PRÉ JUNIOR心技体ともに向上=少年の部 […]
  • 長田さん(右)に賞状を手渡す稲嶺市長2014年8月21日 サンパウロ市=名護市長迎えて歓迎会=「長生きしてよかった」  南麻州カンポ・グランデ市と、ボリビアでの沖縄県民入植記念式典に合わせ来伯した稲嶺進名護市長ら5人の慶祝団を招き、ブラジル名護市親睦会(末吉業幸会長)が15日夜、ニッケイパラセホテルで歓迎会を行なった。名護市出身者やその子弟約50人が出席し、〃名護んちゅ〃の友好を深め合った […]