ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年11月8日

 W杯を来年に控え、今年のサッカー界は「天国と地獄は隣りあわせ」を地で行く展開だ。例えば昨年末に日本で開催されたクラブチーム世界一決定戦で見事な粘り勝ちを見せたコリンチャンス。昨年はチテ監督の情熱的な指導の下、スター選手不在でもチームワークを練り上げて王座を掴んだ▼ところが今年は低迷を重ね、7日現在でなんと12位だ。ほぼ同じ選手陣、同じ監督であり、気持ちの持ち方次第では世界一にも、降格予備軍にもなれることを示した。ブラジル人の持つ潜在能力の高さと同時に、精神力の弱さを暗示したか。世界一という「誇り」を「驕り」に変えてしまう危険性だ▼08年に全伯選手権3連覇の偉業を成し遂げたサンパウロは、09年以来低迷し続け、毎年複数の監督を入れ替える異常な事態。2カ月前にムリシーが戻り、驚くような復調を見せている。監督次第でこうもチームが変わるという良い例だ▼昨年やはり全伯選手権で優勝を飾ったフルミネンセは、7日現在で16位とギリギリ(17位以下が降格)だ。「前年優勝で初めての翌年降格」という、ありがたくない史上初タイトルかと話題になった▼しかし、注目の的はミナス勢の台頭だ。ロナウジーニョという点睛を得たアトレチコ・ミネイロはまさに龍のごときしぶとさで、6月にリベルタドーレス杯初優勝を決め、南米一に輝いた。その宿敵たるクルゼイロも全伯選手権で優勝に王手、独走態勢に入った▼1部復帰決定の勢いに乗るパルメイラスと、かつて2001年には全伯選手権1部2位だったサンカエターノが3部降格直前というのも、まさに明暗を分けた。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • U17W杯=ブラジルはマリを降し3位=黄金世代確保に必死の各クラブ2017年10月31日 U17W杯=ブラジルはマリを降し3位=黄金世代確保に必死の各クラブ  10月にインドで行われたサッカーU17W杯で、ブラジルは準決勝でイングランドに敗れたが、その後3位決定戦でマリに勝ち、3位となった。  優勝こそ果たせなかったが、「久々の黄金世代」と称されるタレントたちの確保のために、各チームが必死になっているという。  この大会には、南 […]
  • サッカー全国選手権が19日開幕=今年のブラジルを制すのは?2014年4月18日 サッカー全国選手権が19日開幕=今年のブラジルを制すのは? ニッケイ新聞 2014年4月18日  ブラジルの国内での最大の大会、「ブラジレイロン」こと全国選手権が今週末の19日から開幕する。 サンパウロ州選手権をはじめとする、全国27州での州選手権が13日に終わったばかりだが、休む間もなく、今度は全国選手権がはじまる。 この全国選手権は […]
  • イベント情報2013年8月31日 イベント情報 ニッケイ新聞 2013年8月24日 【8/24〜30のサンパウロ州でのサッカー】 ブラジル選手権(Brasileirao) 8/24(土) ・サントス対ヴィットーリア(会場:ヴィラ・ベルミロ) ・ポンテ・プレッタ対クルゼイロ(会場:モイゼズ・ルカレリ) […]
  • 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と2019年1月9日 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と  現在のブラジルサッカー界は、まだシーズンオフだ。だが、各州の選手権やリベルタドーレス杯が本格化しはじめるまでのこの束の間の間こそが、フロントにとっては最も忙しい時期となる。向こう1年間の戦力補強のための貴重な時期だからだ。ここでは、ブラジルリーグで目立つ補強についてみていく。 […]
  • 東西南北2018年6月6日 東西南北  4日、サンパウロ市地下鉄は、現在工事中の地下鉄5号線に関して、AACDセルヴィドール駅、サンパウロ病院駅、サンタクルス駅、シャッカラ・クラヴィン(CK)駅が7月中にも開通する、との発表を行った。これらは、4日に通常操業となった同線モエマ駅以東の駅で、サンタクルスで1号線、CK […]