ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2011年10月8日付け

 米国テレビ芸術科学アカデミーの主催で、優れたテレビ番組やその製作関係者を賞するエミーアワード2011が9月26日ニューヨークで行われたが、TVグローボのジョルナル・ナショナル(JN)が2010年にリオ市アレモン地区のスラム街で行われた警察の作戦を密着報道した業績を認められ、国際エミー賞(報道部門)で初受賞した。同局の番組は過去9年間で7回最終候補に選ばれている。こういった普段見ているニュース番組が世界でも認められるのは嬉しい話だ。
     ◎
 チョコレート飲料「トジーニョ」を生産しているペプシコ(PepsiCo)は5日、初めて同飲料の生産過程に過ちがあったことを認めた。貯蔵タンクの洗浄中に問題があり、タンクが空になったと知らせ、飲料を容器に注入する過程を停止させるセンサーが働かなかったために起きた事故と推測されている。注入作業は洗浄中も続き、容器にはチョコレートの代わりに苛性ソーダ入りの洗剤が入ってしまった。約80個の不良品が市場に出、被害者の数は37人に達している。くれぐれも購入の際にはご注意を!
     ◎
 ブラジルのルーラ前大統領が6日、世界の食糧の質や量、可用性を改善する上で発展に寄与した個人の業績を称える「World Food Prize」賞を受賞した。不正行為には反対だが、飢餓を無くそうとするのは大賛成だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ