ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2011年10月14日付け

 長らく「ブラジル日系人150万」「在日ブラジル人30万」とされてきたが、それぞれ10万増減した数字に訂正しなければいけないようだ。法務省の発表によれば、08年末に31万2582人だったブラジル人は、今年6月末で22万1217人となっている(本紙5日付け)▼つまり2年半で9万1千人が日本を出たことになる。もちろんブラジルに帰国したと考えるのが自然だ。戦前の移住ピーク時でも、これほどの人口が動いたことはない。日伯交流史に残る〃民族移動〃といえよう。しかし、ブラジル社会に溶け込んでしまったのか、コロニアへの影響はまるで見えない。日本語のできる若い世代も多いだろうし、今の日本を知るこの層を埋もれさせるのは惜しい▼先月末から今月にかけてクイアバであった七夕祭りに協力した戦後移民の中沢宏一・宮城県人会長によれば、「現地の文協関係者と上手く協調が取れた。日本帰りの二世が多く、感覚がかなり近かった」と話し、「彼らと今後、何らかの活動が出来ないか」と模索している▼ピラール・ド・スールであった敬老会では、日本帰りの姉妹による獅子舞が披露された。二人は「日本で所属していたようなクラブを作りたい」と意気込んでいるとか。地元にとっては新しい文化、本人らも活躍の場を見つけたわけで喜ばしい。こうした例はこれから徐々に目に見えてくるのだろうか▼地方では「日本から帰ってきた人は文協に寄り付かない」との声も聞くが、やり方、橋渡しをする人材にもよるだろう。新しい〃血〃をどう取り込むかに、コロニア活性化のヒントが隠れているような気がする。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 湖西市女児自動車事故=山岡夫妻「理子に申し訳ない」=在日コミュニティに懸念広がる2014年4月23日 湖西市女児自動車事故=山岡夫妻「理子に申し訳ない」=在日コミュニティに懸念広がる ニッケイ新聞 2014年4月23日  【既報関連】05年10月に静岡県湖西市で山岡理子ちゃん(当時2歳)が死亡した自動車事故に関して、事故後に帰伯していた日系人の藤本パトリシア被告に対する控訴審の判決が14日に出た。サンパウロ州高等裁は、2年2カ月の禁固などを命じた昨年8月の一 […]
  • 大耳小耳2014年3月28日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月28日  川目武彦弁護士によれば「日本の弁護士は今ひっ迫している」。というのも、産業界の要請で法科大学を増やした所、弁護士の数が増えすぎたせいとか。そうでなくても外国人支援に踏みこむ人は少ないのだから、司法サービスから疎外されがちな在日ブラジル人を […]
  • 公開された公式サイト2014年3月1日 W杯来伯者向けサイト公開=サンパウロ支援委員会が会見=「治安状況などの情報提供」 ニッケイ新聞 2014年3月1日 日系社会を代表する5団体と在聖総領事館が手を結んで1月に立ち上げた「ブラジルワールドカップ日本人訪問者サンパウロ支援委員会」が28日午前11時、サンパウロ市のブラジル日本文化福祉協会(文協)で会見し、設立の目的を発表し、公式サイト(www. […]