ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2011年10月25日付け

 「犬公方」と仇名された徳川綱吉は、将軍家光と京都のお玉さんの子であり、若かりし頃は秀才の誉れ高く、5代将軍に就任すると湯島の聖堂を建立。朱子学を官学とし、側近に論語を講じるなどの学識を誇ったけれども、母・桂昌院の影響もあり、あの生類憐れみの令で評判は余りよろしくない。リビアの最高指導者・カダフィ大佐も陸軍士官学校の頃はアラブ民族主義の精神に溢れる精悍な若者であった▼この「砂漠の人」ベドウィンの子は同士らと決起し、イドリス王を追放して革命評議会の議長に就任し独裁政治への道を歩みはじめる。ナセル民族主義に共鳴し、米英伊など西欧諸国と対立する強硬な対外政策をとり、資本主義や共産主義でもない「第3の世界」を選び、代議制政治を否定している。このためリビアは直接人民主義制度を導入する「緑の教典」を採用し、人民が唯一の権力者となった▼この国は豊富な油田を持ち、これが国力を支えているのだが、首都トリポリ東方のレプティス=マグナ遺跡は、現存するローマ帝国最大の遺跡だし、この遺跡のある港湾都市アルフムスは紀元前1000年ごろにフェニキア人が築き古い歴史上の遺跡が多い。と、横道に入りすぎて戸惑っているのだが、あの42年に亙る専制君主もどきのカダフィ大佐も、自らがこよなく愛した?人民の手にかかり「撃つな」と絶叫しながら敢え無い最期を迎えたのは、なんとも情けない▼尤も、死に到る情報は錯綜しており、正確なところは不明ながら—あのNATOの激しい空爆と艦砲射撃にも堪えた砂漠の猛者も、名もない庶民の底力にはとうてい勝てない。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙への寄付者芳名2020年9月26日 本紙への寄付者芳名  ブラジル相撲連盟の赤木政敏(あかぎまさとし)相談役、エンポリオ古賀(ニッケイ新聞代理店)、大矢進貞さん(ゆきさだ)、おもいで酒場パブラオケ、林ヨシノブ・パウロさん、平延渉さん(ひらのぶわたる)、匿名希望の篤志家の皆さまより寄付をいただき、ありがとうございました。 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]