ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2011年10月29日付け

 人情—人の情け—というものについてちょっと語りたい。今、タイは大洪水で首都バンコクの王宮前の広場も冠水、タクシン元首相の広大な邸宅も水に浸かるなど被害は広がるばかりだが、トルコでも大きな地震があり、死者が500人に近い。被災地には家屋が倒壊のため避難し、テントで暮す人々が多い。こんな苦しみに堪えるトルコの罹災者のために和歌山県の人々が救援に立ち上がっている▼「和歌山はトルコに格別の思い入れがある。できるだけの配慮をしたい」と仁坂吉伸知事は語る。こんな思いから医療チームの派遣や義捐金を募ったりして同国を支援したと表明したのだが、これには120年も昔の「エルトゥールル号」の事件がある。この軍艦は、日本の皇室の方がトルコ(正確にはオスマン帝国)を訪問した返礼として使節団を日本に派遣し、帰国の途についたところ和歌山県串本沖で暴風になり乗組員600人近くが死亡し沈没した▼このときに遭難現場に近い串本町の大島の住民らが小型の船で現場へ向かい生き残っていた69人を救助したのである。この事実は今でもトルコの歴史教科書に掲載され子どもたちもよく知っているそうだ。仁坂知事が触れた「格別な思い」は、1890年(明治23年)にあったこのの美談のことであり、もう1世紀も経つがトルコと和歌山を今も結び、絆となっているのは、とても美しい▼トルコは日露戦争で日本が勝利したときも大喜びし「東郷通り」や「乃木通り」ができるなどの親日国家だが、その背景には軍艦エルトゥールル号の佳話があるのをしっかりと牢記し忘れまい。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]
  • 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ2020年8月20日 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ  在サンパウロ総領事館に総領事として8月7日に着任した桑名良輔氏(神奈川県、58歳)は17日にオンライン取材に応じ、ブラジル日系社会の役割と世代継承への側面支援を強調し、日系社会との更なる連携強化について「皆さんに早く直接にお会いしたい」と熱く語った。  桑名総領事は […]