ホーム | 日系社会ニュース | デコ画廊=展覧会『素描の輪廻』=平面作品が約40点

デコ画廊=展覧会『素描の輪廻』=平面作品が約40点

ニッケイ新聞 2011年11月30日付け

 デコ画廊(田口秀子代表)創立30周年記念展覧会シリーズの第4弾『素描の輪廻〜Circulos Tracados』が12月7日〜27日まで同画廊(Rua dos Franceses, 153, Bela Vista)で開かれる。
 オープニングは6日午後7時から。7日以降は午前10時〜午後7時まで開館。25日のみ休館。入場無料。
 磯部光太郎さんとその弟子、海野良太さんは日本画、小川泰生さんは絵画と写真、ブラジル在住の谷口康史さんは鋸など金属製品に描いた作品を出品、ミナス州のエルナンド・カルドーゾ、マルタ・ネーベスさんらの計約40点が展示される。
 田口代表、来伯した海野良太、小川泰生さんは「今回は自然を描いた作品が中心。是非一度見にきてほしい」と呼びかけた。
 問合せは同画廊(11・3289・7067)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ