ホーム | 日系社会ニュース | サンジョアキン農協=日系初の本格ワイン生産=ワイン専門家のお墨付き=仏製400レと同水準で79レ=欧州コンクールで金賞も

サンジョアキン農協=日系初の本格ワイン生産=ワイン専門家のお墨付き=仏製400レと同水準で79レ=欧州コンクールで金賞も

ニッケイ新聞 2011年12月15日付け

 【サンジョアキン発=田中詩穂記者】日系初の本格的ワイン生産が〃リンゴの里〃サンジョアキン市で始まっている。サンタカタリーナ州都フロリアノーポリス市から南西に約200キロの同市にある、サンジョアキン農業協同組合(SANJO、清水信良理事長)では近年、ワインの本格生産が始まり、さっそく欧州のコンクールで入賞するなど高い評価を得ている。現地を訪れ、関係者に取材した。

 00年頃、同市の農業試験場でワインの専門家が「ここで良いワイン作りができる」と判断したことをきっかけに、苗をフランスから輸入し、ブドウ栽培が始まった。
 組合員のうち二世が中心となり20人がワインの生産会社を設立。畑面積は約25ヘクタールに上る。
 標高最低1千メートルの地での栽培を厳守し、カべルネ、ソーヴィニョン・ブラン、シャルドネ(収穫量順)を栽培、年間8万リットルを生産している。製造には2600平米の加工・醸造所を設置し、チリ、イタリア、フランスなどから最新式の設備を導入した。
 伯国で最も多くワインを生産しているのが南大河州セーラ・ガウーシャ地方だが、畑の標高は1千メートルに満たないという。清水理事長は「十分に熟れるので、糖分が高くなり砂糖を混ぜる必要がなくなる」と強調する。
 07年に初めて市場で販売された2010年のソーヴィニョン・ブラン(白)「Nubio」は、ブリュッセル国際ワインコンクールのブラジル産ワイン部門で最高金賞を受賞。出品された全種類450点のうち、最良の5本に選ばれた。
 さらに今年は、2種のスパークリングワイン(シャンパン)が完成。ブドウの代わりにリンゴを醸造したスパークリング酒も作られており、ほんのりとリンゴ風味が残る、香りも良い一品だ。
 また08年のコンクールで金賞を受賞したシャルドネとソーヴィニョン・ブラン(白)「Maestrale Integraus」は卸値段79レアルだが、同組合サンパウロ事務所の平延渉さん(68、広島)は、「400レアルのフランスワインと同水準」と太鼓判を捺す。ワイン専門家お墨付きだといい、今月12日に追加で2千本が解禁となった。
 白ワインの場合は収穫した年に販売されるが、赤ワインの場合は樽で十数カ月、瓶に入れた後は4〜5年間横にして寝かせ、渋味を取る必要があるなど、生産には手間がかかる。
 業界に参入してから日が浅いため、流通はこれからだ。組合関係者は「投資した分の見返りがまだないし、高級品としてブランド化しているので販売も難しい」と口を揃える。
 日系農協としては初の試みで、「ワインといえばヨーロッパ人が作るもの。極めて難しい業界に参入したことになるが、日系の組合から生まれたワインとして、まずはコロニアに知ってもらいたい」と平延さん。問い合わせや購入希望は平延さん(電話=11・3834・1827)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2006年7月15日 東西南北 2006年7月15日付け […]
  • ガリンシャ=リオの墓地で遺体が消失=管理が悪く掘り起こした記録もなし2017年6月1日 ガリンシャ=リオの墓地で遺体が消失=管理が悪く掘り起こした記録もなし  サッカーの王様ペレと並び賞賛された、元ブラジル代表の名選手、ガリンシャの遺体(遺骨)が墓から取り出され、どこに行ったかわからなくなっている。  ガリンシャの遺体が消失した事に最初に気付いたのは、墓参りに来たガリンシャの娘だった。  1983年に49歳の若さで亡くな […]
  • 大耳小耳2014年9月23日 大耳小耳  日系候補討論会では、ワタナベ・マリウダ州議候補から「投票前に道端に落ちている選挙宣伝ビラを拾って、その人に入れるという話も聞く。まったく残念だ」というとんでもない市民がいることも語られた。宮崎マウリシオ州議候補は「ひいおじいちゃんが佐賀県で政治家をし、教育に力を入れて日本 […]
  • 中南米情勢=左翼化から右翼化?=鍵はセーラの選挙結果次第2010年1月8日 中南米情勢=左翼化から右翼化?=鍵はセーラの選挙結果次第 ニッケイ新聞 2010年1月8日付け  ブラジルの大統領選挙に世界の注目が集まっていると政治評論家のアウヴァロ・V・ジョサ氏が6日、次のようなコメントを発表したことを七日付けジアリオ・ド・コメルシオ紙が報じた。 […]
  • 清掃夫らと写真に納まるヘンリー王子(後方真ん中よりやや左)2014年6月28日 ヘンリー王子が伯国訪問=聖市ではクラコランジアも  英国のヘンリー王子が26日、聖市のクラコランジアを訪問、薬物依存者らとも交わり、写真にも納まったと27日付伯字紙が報じた。 同王子は23日に伯国に到着し、ブラジリアのサラーグループの病院を訪問後、伯国対カメルーン戦を観戦した。 翌24日は、英国選手らが2016年のリオ五輪 […]