第19回=「沖縄」と「琉球」の違い=歴史的な二重構造とは

ニッケイ新聞 2011年12月22日付け

 大会のあるシンポで北米子孫が、「私は〃沖縄〃というヤマト(本土)がつけた呼び名は好かない。伝統的なウチナーという呼称を使いたい」と発言したのを聞き考え込んだ。別の海外子孫は「最近の若者はウチナーグチもしゃべれないし、沖縄ソバの味も昔とは変わってしまった。もっと伝統文化を大切にして欲しい」と注文をつけた。
 主催者側はその種の発言を重く受け止め、「今の沖縄はもっとこうあるべきという意見は他にないか」と発言を誘った。
 普段なにげなく使っている「沖縄」という言葉には、地元の人間からすると少し違うニュアンスがあるようだ。いったいそれは何なのか。
  ☆    ☆
 家譜(家系図)の歴史で触れたように沖縄の歴史には常に二文化性が付きまとうことは説明したが、実は内部的にも二重構造があるようだ。
 例えば、本土では戦時体制として県紙は各県一紙に統制された。ところが沖縄には創立1893年の「琉球新報」と、創立1948年の「沖縄タイムス」の2社が競い合っている。テレビ界も「琉球放送」(1954年設立)と「沖縄テレビ」(1959年設立)がある。
 銀行では「琉球銀行」(1948年)と「沖縄銀行」(1956年)。学術分野でも「琉球大学」(1950年)と「沖縄大学」(1974年)などが生み出された。
 それぞれが業界の中で競い合いながら全体を盛り上げるようなパターンにつながっているようだ。不思議なことにその多くが「琉球」「沖縄」という対のような名称になっており、古いほうが「琉球」を名乗る傾向がある。
 方々の沖縄関連サイトの記述から考察すれば、基本的には「琉球」は中国との外交関係の中で使ってきた名称であり、「沖縄」は同様に日本に対して名乗ってきた名称であり、どちらも正しいのだという。しかし、米軍占領時代に沖縄人の「琉球ナショナリズム」が刺激されたこともあって、「琉球」こそが伝統的名称であるかのように理解されている雰囲気がある。
 米国による分割統治のために作られた行政機構が「琉球政府」だし、その政府方針で設置されたのが「琉球銀行」であり、「琉球大学」だという。米国という〃官〃が積極的に「琉球」という呼称を復活させてきた。現代の文脈の中では、「琉球」という言葉のニュアンスには「失われた王朝」への憧憬を超えて、もっと強い方向性がある。
 「琉球」「沖縄」を名乗る二つの組織はそれぞれが伝統、革新の肌合いを持って民衆の二文化性を反映し、時代に応じて活性化させる役割をしている。わずか150万県民しかいないにも関わらず、特に芸能界、観光において強い存在感を発揮しているのは、そのような独特の自立的な活性化の仕組み持っているせいかもしれない。
  ☆    ☆
 ブラジル沖縄県人も、「沖縄県人会」と「沖縄文化センター」の二派に分かれて、激しい論争を繰り広げてきたことは記憶に新しい。これは母県のDNA(遺伝子)がそうさせたのかもしれない。
 まるで大会の盛り上がりと軌を一にするように、それが08年前後に統合に向い、現在は一体となって活動している。
 もちろん、この二重構造が足の引っ張り合いという形に終始すれば、激しい消耗戦を演じるだけだ。一つの目標に向かって、良い意味での切磋琢磨するライバルとして機能してこそ活性化作用となり、お互いが持つ本来の能力を発揮できる。
 米軍基地問題など日本からの〃外圧〃が強ければ強いほど、一つの方向に向かって力を合わせようとする集団心理が働くのかもしれない。「沖縄」でも「琉球」でもない「ウチナー」に向かって力を合わせる方向性をもった大会であるがゆえに、時流に推されるようにしてだんだんと拡大してきているようだ。(つづく、深沢正雪記者)

写真=県人会長・新ウチナー民間大使会議の結論を副知事に手渡す海外子孫代表


image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2011年12月27日 最終回=100年後に価値が出る=各県人会で取り組みを ニッケイ新聞 2011年12月27日付け  祖先シンポの中で、ブラジル沖縄県人会の与那嶺真次会長も、当地独自の取り組みを熱く講演した。位牌をどうするかは子孫にとって重要な問題と考え、長男が受け継ぐ伝統が揺らいでいる現実をかんがみ、沖縄文化センターに集めて保存し、共同供養す […]
  • 2011年12月23日 第20回=二つの顔が盛衰する歴史=文芸復興運動に集約か ニッケイ新聞 2011年12月23日付け  沖縄県人は「琉球ナショナリズム」という〃龍〃を心の中に抱えている。それが対日本政府であれ、対米国占領軍であれ、沖縄を支配する覇権に対して抵抗するときに、これが高まるようだ。 […]
  • 2011年12月24日 第21回=国境を超える芸能の力=民族的〝武器〟としての歌 ニッケイ新聞 2011年12月24日付け  西銘知事がアトランタの県人から歓迎され、一緒にカチャーシーを踊り、芸能という〃儀式〃を通して喜びを共有することから大会が始まったことを第17回で説明した。このように沖縄では芸能が日常生活に生きており、時代に合わせて姿を変えて生き […]
  • 2011年12月20日 第17回 =挙県体制とメディア連携=大会誕生の経緯を探る ニッケイ新聞 2011年12月20日付け  大会誕生の内幕には諸説あるが、84年から琉球新報が世界のウチナーンチュを紹介する500回もの長大な連載をしたのが契機だったようだ。 […]
  • 2011年12月21日 第18回=失業した若者を海外へ=100億円基金で多言語人育成 ニッケイ新聞 2011年12月21日付け  「全国テストの沖縄の結果は全国最低、若年失業者は全国最高。笑えない数字です。我々はこの状況を移民の先人に学び、逆転の発想で乗り越えなくてはならない。若者を海外に出すことで救う、万国津梁人〃財〃という考え方で短期交換留学をしたらど […]