ホーム | 日系社会ニュース | 第10位=聖市の日本食店業界に波?=老舗は閉店、新規が続々と

第10位=聖市の日本食店業界に波?=老舗は閉店、新規が続々と

ニッケイ新聞 2011年12月27日付け

 日本食店業界が大きく変化?— 老舗でかつては駐在員で沸いた「割烹寿し安パウリスタ」が6月閉店した。市場の変化を実感させる幕引きだったが、リベルダーデに現在、新店舗を開店準備中。
 トマス・ゴンザガ街には「雅」から移った料理人による「伴」が開店。「雅」にはホテル・オークラの料理長が現在、板場に立つ。
 カレー屋、デリカテッセン、日本酒・焼酎専門バーも構えた日本食総合スペース「エスパッソ和」がオープン、ニュータイプの日本食を提供する。
 同街の老舗だった「ごんべ」の店主・和田弘美さんが自ら命を絶ったのも衝撃だった。経営不振を悩んでいたともされ、日本食業界の厳しい現実を感じさせる悲しいニュースとなった。

image_print

こちらの記事もどうぞ