ホーム | 日系社会ニュース | 伯音楽とシュラスコを楽しんで!=ルーテル教会で6日

伯音楽とシュラスコを楽しんで!=ルーテル教会で6日

ニッケイ新聞 2012年1月3日付け

 東京西荻窪でブラジル情報発信スペース「アパレシーダ」を経営するブラジル音楽専門家ウィリー・ホッパーさんの主催で6日午後7時から、『ブラジル音楽の夕べ+シュラスコ会』が開かれる。
 会場は日系ルーテルサンパウロ教会(Rua Pandia Calogeras, 54, Liberdade)で、会費はシュラスコ、ビール等飲み物代込みで30レアル。
 同教会では一昨年8月にブラジル人のプロのミュージシャンを招いた「ブラジル音楽の集い」を開いた。今回は毎月第2土曜日に行われている「異業種文化交流シュラスコ会」と合わせ、ブラジル音楽とシュラスコを楽しめるように企画された。
 出演するのは日本で活躍するボサノバ、MPB歌手のウィルマ・デ・オリベイラさん。日本でCDを出したこともあるアルツール・ヴィッタさんがギター伴奏を務める。
 後半はブラジル風セッションのカンジャもあり、音楽を嗜む人は楽器持参も可。
 入場料は当日受付で販売。準備の都合上、メールか電話での予約を呼びかけている。問い合わせ、申し込みは同教会の徳弘浩隆牧師(電話=11・2305・7088、メール=tokuhiro@jelc.or.jp)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「伯音楽の夕べ」に85人=東京在住ウィリーさんが主催2012年1月10日 「伯音楽の夕べ」に85人=東京在住ウィリーさんが主催 ニッケイ新聞 2012年1月10日付け  東京西荻窪でブラジル情報発信スペース「アパレシーダ」を経営する、ブラジル音楽専門家の日本人男性、ウィリー・ウォーパー(Wilie […]
  • 「ブラジル音楽の夕べ」=ルーテル教会で19日2012年9月14日 「ブラジル音楽の夕べ」=ルーテル教会で19日 ニッケイ新聞 2012年9月14日付け  日本の東京・西荻窪でブラジル情報発信スペース「アパレシーダ」を経営する音楽ライター、ウィリー・ヲゥーパーさん主催の『ブラジル音楽の夕べ』が19日午後7時半から、日系ルーテルサンパウロ教会(Rua […]
  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、サンパウロ市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • ニッケイ歌壇(523)=上妻博彦 選2016年10月14日 ニッケイ歌壇(523)=上妻博彦 選 サンパウロ      梅崎 嘉明 大鳥居くぐればピニアル植民地広き会館太鼓の響く 誘はれて出で来しピニアル別名は福井村とかデコポン産地 福井村と記せる法被で商える老若男女さながら日本 一つのみ食べても良しと許されてデコポン狩りに人はにぎわう […]
  • ブラジル水泳界の英雄 岡本哲夫=日伯交流から生まれた奇跡=(11)=移民の子が国家的な貢献2016年8月26日 ブラジル水泳界の英雄 岡本哲夫=日伯交流から生まれた奇跡=(11)=移民の子が国家的な貢献   岡本の快挙を祝って地元マリリアでは1952年9月28日に「河童祭り」と称する祝勝会が開かれ、牛3頭を焼いて1千人を招く盛大なシュラスコ会が開催された。それを報じたパウリスタ新聞52年10月2日付によれば、父専太郎が「泳ぎ始めはわしの観海流(日本古来の遠泳法の一つ)を仕込んだ […]