ホーム | 日系社会ニュース | ロンドリーナ=笑顔増やす手伝いしたい=23年間コーラスを指導=田中宏枝さん

ロンドリーナ=笑顔増やす手伝いしたい=23年間コーラスを指導=田中宏枝さん

ニッケイ新聞 2012年2月4日付け

 「歌をうたえば幸せになれる」—。そう自信を持って語るのは『ロンドリーナ白鳩コーラス』で23年間歌の指導を続ける田中宏枝さん(67、二世)=写真=だ。
 ロンドリーナ市や近隣都市在住の約100人に週1回の指導にあたる。
 創立は89年で当初の生徒数は13人のみ。自身が信仰する「生長の家」の信者を対象に教えていたが、06年から「もっと多くの人に」と広く募った。
 平均年齢は75歳以上。「年々声は悪くなるというけど、70歳で歌を始めた人の声は、90歳の今の方がいい」と若返りの効果にも触れる。
 サンパウロ州バウルー生まれ。6歳の時に原因不明の感染症に冒され、突然両目の視力が極度に落ちた。 「決して泣いたりしなかった。歌があったし、両親も心を強く育ててくれた。歌えば不自由なことも忘れられた」。負けん気の強さと、歌への思い入れは誰にも負けなかった。
 バイオリンを習い、バウルーで音楽を学んだ。以来、生長の家の聖歌隊や中学校で歌の先生を務めてきた。
 「楽譜も読めなかった人達が上手になる様子が好き。教えてきた生徒は数えきれない」
 日本移民百周年を記念してロンドリーナを訪れた医学博士の日野原重明氏が講演を行った際、コーラス団で歌を贈った。「即興で日野原氏が指揮を執った。皆感激でした」
 一葉の写真がある。昨年10月に100歳の誕生日を迎えた日野原氏に送るため全団員で撮った。皆の笑顔はこぼれんばかりだ。
 「日野原先生は『増やすなら微笑みのしわを』と話された。私も笑顔を増やすお手伝いができるよう努力したい」。そう語った表情に穏やかな笑みが広がった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 過去の誤りを認めさせるために=サンパウロ市在住 奥原マリオ純(原文ポ語)2018年3月8日 過去の誤りを認めさせるために=サンパウロ市在住 奥原マリオ純(原文ポ語)  本年はブラジルへの日本移民110周年であり、そしてまた世界人権宣言が採択されてから70年の記念の年であります。国際連合は、第2次世界大戦でなされた残虐な行為に鑑みて、1948年12月10日に人権条約の基礎となる宣言を採択しました。  数多くの日系アメリカ人や日系カナ […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 大耳小耳2017年10月24日 大耳小耳  ニッケイ新聞の「日本文化」シリーズの電子書籍がe-galaxiaから出版された。ポ語のみ、各巻14・90レアル。詳細はe-galaxiaの日本文化ページ(http://urx2.nu/GClY)へ。また、インターネット通販サイトAmazonでも『Amazonia 日本人移住八 […]