ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2012年2月10日付け

 CETでのトラック通行規制に関する会合。規制に抗議の声を挙げたのはもともと農産物の関係者だが、CETの呼びかけで、リサイクル業者などあらゆる職種の運送業者が集まり、「自分たちは仕事をしたいだけだ」などと口々に訴えた。ある業者はカサビ市長に直談判しようと面会を申しれたが受け入れられず、ミナス州選出の連邦議員に陳情し、面会したそう。サンパウロ市長に会うのに、ミナス州の政治家に依頼しないと会えないとは…。何ともおかしな話。
     ◎
 ブラジル珠算連盟の講習会では、そろばんを使った掛け算・割り算の基本的な計算から、読上げ暗算、フラッシュ暗算なども行う。フラッシュ暗算とはモニターに一瞬だけ映る数字を暗算で足していくというもので、速い人だと3桁の数字を1・6秒のうちに15個映しても即答できるのだとか。斉藤会長は「訓練でできるようになりますよ」と涼しい顔。
    ◎
 ブラジルの調査機関センサスの調査によれば、ブラジルの認知度は世界で94%と雑誌「VEJA」で読んだ。「ブラジルの名前すら聞いたことがない」という人が世界に6%もいるということ。「まあ就学率の低い国や情報統制されている国も…」と納得していると、アメリカに限定していえば、その数値が9%。「かつて戦争した日本が中国の一部だと思っているアメリカ人は結構多い」との調査を半信半疑で聞いたことがあるが、それが本当なら、9%はよく知られてる方!?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市職員汚職=多数の建築会社が関与か=収賄のやり口が明らかに=市役所内で賄賂支払い ?!=納税額は実際の10%のみ2013年11月30日 サンパウロ市職員汚職=多数の建築会社が関与か=収賄のやり口が明らかに=市役所内で賄賂支払い ?!=納税額は実際の10%のみ ニッケイ新聞 2013年11月2日  【既報関連】1日に報じた、サンパウロ市財政局元副局長を中心とした4人のサンパウロ市職員による5億レアル以上に及ぶ大型収賄事件で、検察局の調べや逮捕された市職員の供述などにより、毎週28万レアルもの賄賂を受け取っていたことが分かった。この賄賂 […]
  • ブラジル政治の基礎歴史=(2)=サンパウロ州の大物マルフの敗退=サルネイの反発で形勢不利に2013年9月28日 ブラジル政治の基礎歴史=(2)=サンパウロ州の大物マルフの敗退=サルネイの反発で形勢不利に ニッケイ新聞 2013年9月3日  1985年の大統領選挙は1月15日に議会の議員投票によって行われ、タンクレード・ネーヴェス氏(民主運動党・PMDB)がパウロ・マルフ候補(社会民主党・PDS=軍政擁護政党ARENAの後進)を破って勝利した。得票の内訳はタンクレード氏が480票 […]
  • 今週のおすすめ店=カーザ・クリー(サンパウロ市西部ペルジゼス)2013年7月31日 今週のおすすめ店=カーザ・クリー(サンパウロ市西部ペルジゼス) ニッケイ新聞 2013年7月6日  マルフ、カサビ、ハダジとアラブ系市長が数多く誕生していることからもわかるように、サンパウロ市にはアラブ移民が多く、その影響もあり、日常の食卓でもアラブ料理が並ぶことが珍しくない。それは今や、ブラジル料理そのものの仲間に入ってきていると言っても […]
  • 〃赦しの日〃が承認待ち=大田サンパウロ市議が活動報告2013年6月29日 〃赦しの日〃が承認待ち=大田サンパウロ市議が活動報告 ニッケイ新聞 2013年6月7日  昨年の地方統一選で、6万2693票を獲得し7位で当選した大田正高サンパウロ市議(PSD)が先月末に来社し、就任後5カ月の活動報告を行った。 […]
  • 東西南北2013年5月4日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年5月4日  2日、ルーラ前大統領は、労働者党(PT)からの14年のサンパウロ州知事選挙候補について、立候補を固辞しているアロイージオ・メルカダンテ教育相をあきらめていないとし、カサビ前サンパウロ市市長や、昨年の市長選3位のセウソ・ルッソマノ氏との同盟も模 […]