ホーム | 日系社会ニュース | 沖縄でアミーゴ会発足=ブラジル出身者支え、交流も

沖縄でアミーゴ会発足=ブラジル出身者支え、交流も

ニッケイ新聞 2012年4月17日付け

 【沖縄タイムス・南風原】県内から多くの移民が渡ったブラジルとの交流を推進し、次世代へと引き継ごうと、沖縄ブラジル ネットワーク・アミーゴ会(与那城昭宏会長)が発足し、7日、約60人が参加して喜屋武町の南風原文化センターで交流昼食会が開かれた。
 1908年の最初 の移民から100年余、ブラジル社会で6世の県系人が活躍する中、参加者は交流の発展を決意した。
 同会は次世代の交流へ向けて、若いリーダーの育成も目指す。与那城会長は「沖縄で活躍するブラジル出身の若者たちを支えながら、沖縄とブラジルの情報交換の会に育て、実のある交流をしていきたい」と抱負を述べた。
 昼食交流会では沖縄で学ぶブラジルの留学生らが手作りした同国の家庭料理「フェジョアーダ」が振る舞 われた。留学生たちはあいさつで「沖縄とブラジルの懸け橋になりたい」と流ちょうな日本語やウチナーグチで話し、会場を沸かせた。 糸満市から参加した久保田宏さん(71)と初江さん(66)夫妻は、38年前にブラジルから沖縄に戻ってきた。夫妻は懐かしそうにフェジョアーダをほおばりながら「いろいろな人とつながりができてうれしい」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ