ホーム | 日系社会ニュース | ポ・アレグレ 和田さんが講演=神戸のブラジル移民祭で

ポ・アレグレ 和田さんが講演=神戸のブラジル移民祭で

ニッケイ新聞 2012年4月18日付け

 【神戸新聞】神戸からブラジルに移住した人の歩みなどを学ぶ「ブラジル移民祭」が15日、「市立海外移住と文化の交流センター」で開かれた。50年前にブラジルに渡った神戸市出身の企業コンサルタント和田好司さん(72)による講演や、日伯交流に熱心な歌手中平マリコさんのステージがあった。
 1908年4月28日に神戸港から初めて移民船が出航したことにちなんで、NPO法人「関西ブラジル人コミュニティ」が毎年開催。今年は4月の毎日曜、講演やバンド演奏がある。
 和田さんは神戸高校を卒業後、早稲田大生だった62年、農業移住者としてブラジルへ。大学卒業のため一時帰国したが、再び渡り、商社勤務などを経て自ら会社を設立し、同国南部の町・ポルトアレグレで暮らす。
 講演では、農業での挫折経験などを振り返り、「海を渡った仲間が、自らの選択を肯定できる人生を送っていることをいつも願っている」と強調した。

image_print

こちらの記事もどうぞ