ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年5月8日付け

 日本の領土はなんとも狭い。それでも森林が多く、国の70%超が緑滴る山林であり、豊かな雨が降り注ぐ温暖な気候に恵れた瑞穂の国として栄えてきた。だが—その昔は金の山々も多く、欧州の冒険家らは「ジパング」を目指したの話もあるそうだ。けれども、石油や鉄鉱石のない「資源小国」であり、領土面積だけを見ると、世界で61番目とかの小さなニッポンなのである▼しかし—「四海波静か」と、海の広さをも加えると一挙に膨らみ巨大な国家になる。領海は12海里ながら、これに排他的経済水域200海里を加えると世界6位の超々がつく大国になる。それもこれも3千を超すとされる島があり、これが海水域を広げている。そんなところへ国連が「沖ノ鳥島」の北方に大陸棚拡大を認めたので日本の水域はさらに広がった。この海底は「宝」とも呼ばれ貴重な鉱物資源が眠っている▼この「沖ノ鳥島」は、東京の南になり、1740キロも離れている沖の小島である。南北1・4キロ、東西4・5キロ。周囲11キロのサンゴ礁の島だし最高標高は15センチしかない。それでも満潮のときでも東小島と北小島の二つの露岩は沈まないできちんと立っている。そこには灯台や大きな観測施設もある立派な「島」なのである。中国と韓国は「あれは岩だ」と主張するが、国連はこれを見事なばかりに退けたのだから日本は大喜びというわけだ▼国連が認めた大陸棚は、31万平方キロだからほぼ日本の領土と同じ程の面積であり、海底にはレアメタルやコバルト資源が豊富だとされ政府と財界の期待も大きいし、ここは日本の国連外交を称えたい。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2012年12月22日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ2012年12月22日 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 物故者2012年12月22日 物故者 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  コロニアの発展に尽くしてきた方が今年も多くこの世を去った。新聞で訃報記事をお伝えした物故者に限り、追悼の意を表し、掲載します。(敬称略) […]
  • 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で2012年12月22日 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  ビザ発給窓口業務の迅速化・利便性の向上を目的に、在聖総領事館は10年10月に公募を実施。 […]
  • 9位=映画『汚れた心』公開2012年12月22日 9位=映画『汚れた心』公開 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  非日系の作家フェルナンド・モラエス氏が勝ち負け抗争を取材してジャブチ賞を受賞した『CORACOES […]