ホーム | 日系社会ニュース | 国際交流基金日語研修=今年から対象が南米全体に=26人参加、11日から

国際交流基金日語研修=今年から対象が南米全体に=26人参加、11日から

ニッケイ新聞 2012年7月11日付け

 日本語の学習者支援および学習奨励事業として、国際交流基金サンパウロ日本文化センター(深野昭所長)が11日から4日間、聖市で『南米中等教育生徒等サンパウロ研修』を実施する。
 昨年までは、伯国で公立中等教育を受ける日本語学習者のみが対象だったが、今年からペルー、ボリビア、パラグアイ、アルゼンチンなど南米諸国も加わる。今年の参加者は26人。
 始めの3日間は聖南西地区のコロニア・ピニャール青年図書館で合宿、その後リベルダーデ、続いて県連主催「日本祭り」を見学する。
 日本語や日本文化に触れる様々な機会設けることで、学習者に新たな日本語の魅力に気付かせ、学習を継続する意欲を持たせること、また国を越えた仲間づくりを促進することを目的に掲げている。

image_print

こちらの記事もどうぞ