ホーム | 日系社会ニュース | ロンドリーナ イワイさんに栄誉=ミス・ニッケイに22人参加

ロンドリーナ イワイさんに栄誉=ミス・ニッケイに22人参加

ニッケイ新聞 2012年7月24日付け

 年に1度の日系美を競う『ミス・ニッケイ・ブラジル2012』が14日、フェスティバル・ド・ジャポン会場内の屋外ステージで開かれた。
 サンパウロ州からはもちろん、パラー、マット・グロッソ、サンタカタリーナなどブラジル各地から22人が参加。審査員は前田ネルソン日本祭り実行委員長、昨年のミスに輝いたカミーラ・ライッサさんらが務めた。
 日系タレントの山井ケンジさんの司会で会場の熱狂が高まる中、軽快な音楽とともセクシーな丈の短いハッピを身に纏ったミス候補がステージに上り、22人のウォーキングパフォーマンスに、観客席後方まで埋め尽くされた会場は割れんばかりの大歓声に包まれた。
 一人一人が大声援を受けながら登場し、水着姿を披露した。続いて、個性に合わせた色とりどりのドレス姿で観衆を魅了した。
 厳正なる審査によって22人の頂点に輝いたのは、パラナ州ロンドリーナ出身の20歳、アドリエリ・アロイジ・イワイさん。万雷の拍手のなか、ヤマハ製のバイクや装飾品など、豪華な副賞が贈られた。順位は次の通り(敬称略)。
 【ミス・ニッケイ・ブラジル】=アドリエリ・アロイジ・イワイ(パラナ州)【プリンセーザ1位】=マリアナ・メリン・ハシモト(サンパウロ州)【2位】=ジェシカ・ヒサトミ・デ・オリベイラ(サンパウロ州)【3位】=カーラ・シマダ・デ・オリベイラ(パラナ州)【4位】=ハルエ・ダニエレ・チウジ(南麻州)。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • あけましておめでとうございます2019年1月8日 あけましておめでとうございます  ニッケイ新聞読者の皆様、あけましておめでとうございます。  旧年中はブラジル日本文化福祉協会およびブラジル日本移民110周年記念祭典委員会に対し、温かいご理解ご協力を頂き、誠にありがとうございました。  昨年は、ブラジル日本移民110周年を記念する祭典がブラジル各 […]
  • インダイアツーバ日本祭り=4日間開催、1万2千人来場2018年11月9日 インダイアツーバ日本祭り=4日間開催、1万2千人来場  サンパウロ州インダイアツーバ市内のイベント会場で10月11から14日の間、『第3回インダイアツーバ日本祭り』が開催され、約1万2千人の来場者を記録した。インダイアツーバ日伯文化体育協会(Acenbi)とタサ・エヴェントス社の共催。  祭りでは芸能発表やワークショップ […]
  • 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも2018年11月2日 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも  若干22歳、初出馬でなんと46万5310票も集めて連邦議員にみごと当選した話題の日系人、キム・カタギリさん(22、三世)を10月24日に取材した。サンパウロ州選出の連邦下議の中では4番目だ。このような新しい〃大波〃によって下院議員全体の3分の2が入れ替わった。ジョルナ […]