ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2012年7月25日付け

 21、22日に開かれたグァタパラ移住地入植50周年祭・収穫祭の記念演芸会で、神楽を披露したのは古田川猛さん(44、広島)。日本生まれの古田川さんは、ブラジル神楽保存会の元メンバーだ。ブラジルで8歳の時に神楽を始め「自分は神楽バカ。本場で勉強したいとずっと思っていた」が、帰国して20年日本に暮らした間も、なかなか真剣に学ぶ機会は得られなかった。しかし、ブラジルに戻って来ると、島根県の研修制度に巡り合い、石見神楽の研修に。今度こそ、ブラジルで神楽の普及に力を入れてほしい。
     ◎
 JICA派遣の太鼓指導者、蓑輪敏泰さんは「ブラジルの子供達の体にはサンバ(のリズムが)入っていて、教えるのが難しい」と語る。先週末の太鼓選手権大会では4拍子の崩れを指摘し、ブラジルの教育課程に音楽がないことを理由に挙げていた。しかしながら各チームが実力向上していることも事実。「日本の全国大会で若葉太鼓が特別賞を取ったのは、レベルが上がってきたことの一つの証明」と指導の結果を実感している。
    ◎
 当地に事務所を開設するため来伯した、海外移住旅行社の保崎利根雄代表取締役によれば、近年日本人用ガイドが激減している。サンパウロへの観光客が少ないことが原因のようだ。しかし、五輪やワールドカップの折には多くの観光客が訪れるのは必至。「市や日本人移民の歴史も含めて解説できるような、若いガイドを育てていきたい」と話している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「日本祭りへの提言」への県連としての見解=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫2019年5月23日 「日本祭りへの提言」への県連としての見解=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  去る5月4日のニッケイ新聞6ページで「巨大商業化した日本祭りへの提言/来場者のための本当のカイゼン」と題した特別寄稿として、5つの点で率直なご指摘ありがとうございました。  しかしながら、一般への誤解を招かないためにも私の見解を県連(ブラジル日本都道府県人会連合会) […]
  • 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有2017年9月2日 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有  ブラジル静岡県人会(原永門会長)創立60周年式典が8月27日午前11時、同会館で開催された。母県からは川勝平太県知事、杉山盛雄県議会議長らが出席。集まった250人を超える県人会関係者と共に節目を祝った。来賓らは祝辞のなかで先人たちの功績に触れ、その苦労を偲んだ。式典後 […]
  • カーニバル=ヴァイヴァイが呼びかけ=「日系社会からも参加を!」2017年2月10日 カーニバル=ヴァイヴァイが呼びかけ=「日系社会からも参加を!」  サンパウロの有力サンバチーム「ヴァイヴァイ」(ダルリ・シウヴァ会長)が1月31日、ニッケイパレスホテルで記者会見を行った。会見には50人の報道関係者らが集まり、今年度の発表を聞いた。  会見には同チームのトヴィアス・ダ・ヴァイヴァイ名誉会長のほかジレトール・デ・カーニバ […]
  • ニッケイ俳壇(914)=星野瞳 選2016年11月10日 ニッケイ俳壇(914)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎 ランプ下げ通いし句会念腹忌 アラポンガ鳴き止めば森がらんどう 木々芽ぐむ枝にぎやかに差し交わし 森の穂にアララが騒ぎ初明り 万緑の中漂へる鷺一羽 大雷の鳴り夕立のはたと止む […]
  • ニッケイ俳壇(910)=星野瞳 選2016年10月14日 ニッケイ俳壇(910)=星野瞳 選 アリアンサ         新津 稚鴎 淋しさの寒月光に身を委ね 麻州野の大夕焼の森閑と 鳳梨売る砦の如く積み上げて 霧の中飛び来るは皆トッカーノ グァタパラ         田中 独行 巻き風の吹き上げておりパイナ飛ぶ […]