ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2012年7月31日付け

 26日の対エジプト戦で3点差を1点差まで詰められた男子サッカー代表は、29日の対ベラルシア戦を3—1と快勝。ネイマールは1ゴール、2アシストの活躍で、28日にスウェーデンを下した女子共々、準々決勝進出を決めた。本日の対英国戦で組内の順位が決まり、4日の準々決勝第1戦に臨む。準々決勝の相手は日本、モロッコ、ホンジュラスのいずれかだが、優勝候補スペインは日本とホンジュラスに敗れまさかの予選敗退。
     ◎
 27日のロンドン五輪開会式で、2010年の大統領選でジウマ大統領と争ったマリーナ・シウヴァ氏が、IOCからの指名で潘基文国連事務総長らと共に五輪旗を持って登場。「環境問題と戦う象徴的人物」として選ばれたが、これを知らなかったブラジル政府の面々は不快感を示し「マリーナは欧州とパイプがあるからな」「政府に話してくれればもっといい人選ができたのに」などと批判。五輪らしく政敵対立休戦とはいかないか。
     ◎
 サンパウロ市中央部コンソラソンの商人と住人ら約50人が30日午後2時15分頃、市役所前で抗議活動を行った。これは市がルーズベルト広場で毎週日曜に持たれるフェイラ(青空市)の移転を求めていることに反対するもの。市は「通行の改善」を求めて16日に立退き要求をしていたが、長い歴史を持つ問題ゆえスンナリとは行かなそう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?2017年12月29日 ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?  2018年は大統領選挙の年――。独断と偏見による激論で、ブラジル社会翻訳面記者と編集長が紙上座談会でズバリ勝敗を占った。ラヴァ・ジャット作戦が進展する中で、2015年末にはジウマ大統領の罷免審議がエドゥアルド・クーニャ下院議長(当時)によって始められ、2016年8月には罷免が […]
  • 大統領選決選投票=ジウマかアエシオか?=有名人はどちらに投票?2014年10月25日 大統領選決選投票=ジウマかアエシオか?=有名人はどちらに投票?  26日はブラジルの大統領選挙の決選投票となる。ブラジル大統領選挙史上でも最大の接戦と言われる選挙ということもあり、国民の関心も高いが、ブラジルを代表する有名人はジウマ大統領(労働者党・PT)とアエシオ・ネーヴェス氏(民主社会党・PSDB)のどちらの候補に投票するか、見てみ […]
  • 60年代「怒れる若者」から=2013年の「抗議の波」まで=かつての活動家が体制側に2014年1月1日 60年代「怒れる若者」から=2013年の「抗議の波」まで=かつての活動家が体制側に 新年号 ニッケイ新聞 2014年1月1日  2013年6月、サッカーのコンフェデレーションズ杯の直前から開催期間中にかけて、全国規模での「マニフェスタソン(抗議の波)」が起こった。同じ頃、エジプトやトルコでもデモが起こったが、ブラジルの場合、かねてからの政情不安があったエジプ […]
  • 東西南北2013年11月30日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年11月13日  12日付本紙でも報じた、遺体で発見されたサンパウロ州リベイロン・プレットの糖尿病患者の3歳児ジョアキン・ポンテ・マルケスちゃんに関し、インシュリンの過剰投与が死因ではないか、との推測を市警が立てている。継父と母親は殺人容疑で現在一時逮捕中 […]
  • ブラジル政治の基礎歴史=(10)=ジウマ大統領の高い人気に陰り=国民から〃抗議の波〃勃発2013年9月28日 ブラジル政治の基礎歴史=(10)=ジウマ大統領の高い人気に陰り=国民から〃抗議の波〃勃発 ニッケイ新聞 2013年9月14日  ルーラ政権の高い人気を乗り移らせる形で、労働者党(PT)は後継者のジウマ氏を大統領に就任させることに成功した。ブラジル初の女性大統領という事実に加え、軍政時代は反体制の闘士だったという経歴も国際的に注目され、2011年の就任当時から高い人気 […]