ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2012年8月8日付け

 7日のロンドン五輪、女子バレー準々決勝で、B組4位でかろうじて決勝トーナメントに進出したブラジルが、A組1位のロシアを大接戦の末、3—2で下し、6大会連続の準決勝進出を決めた。準決勝は9日、24年ぶりのベスト4入りを決めた日本と対戦する。また、ビーチバレー男子のエマヌエル&アリソンのチームは準決勝でラトヴィア代表に快勝し決勝進出。決勝は9日に行われる。
     ◎
 7日はブラジル音楽界が世界に誇る音楽家カエターノ・ヴェローゾの70歳の誕生日だった。担当マネージャーで元妻のパウラ・ラヴィーニさんによると、カエターノは70歳記念イベントのようなものは好まないとのことだが、フェイスブックとツイッターで70歳の誕生祝のアカウントを設置しており、そこで誕生祝いのメッセージを募ったという。また、カエターノの母カノさんは現在104歳で、バイーアで元気に暮らしている。
     ◎
 サンパウロ市東部パカエンブーで、サンパウロ市主催の毎年恒例のパステル大会が行われる。7日から明日9日までの予選を勝ち抜いたフェイラでのパステルの料理人たちは、27日にチャールズ・ミラー広場で決勝戦を行う。年々豪華になる大会は、今年はテレビカメラが入る上、昨年までは一般客の審査だったが今年は20人の専門家の審査となり、2大会の覇者マリア・ヨナハさんも審査する側に。

image_print

こちらの記事もどうぞ