fbpx
ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年8月8日付け

 パラグァイ在住の坂本邦雄さんの寄稿文は、背景となる南米史までを解説してくれるのでとても勉強になる。今週掲載される一文も秀逸だ。パラグァイがメルコスルから資格一時停止されたことを「三国戦争の再現か」と表現しているのを読んだときは、目からウロコの気持ちだった。同文詳細は9日付け6面で▼ルーゴ大統領の罷免裁判はたった一日で終わってしまったので、「十分な弁護の時間がなかった」ことが、メルコスル諸国から「民主的でない」とされ〃クーデター〃扱いされている▼思えばアルゼンチンでは先ごろ、クラリン紙などの鋭い批判に耐えかねた大統領が新聞紙配給制限法を通して、マスコミの生殺与奪の権利を握ろうとした。亜国公式インフレ率は15%だが、実質は25%だとブラジルマスコミは書く。でも地元紙は書けない。そんな状態が民主的なのか▼ベネズエラでは先般、政府批判をするテレビ局が封鎖されたりした。あれは言論弾圧ではなかったか。それをメルコスルに加盟させ、民意に基き憲法に則って罷免裁判を行ったパラグァイを「民主的でない」とするのは、確かに不可思議な対応かもしれない▼現在話題をさらっているメンサロン裁判は、与党の元大臣クラスの汚職をも裁くものだ。独裁国家では起きえない。結果はどうあれ、それが起きただけで、ブラジルがどれほど民主的かを示す▼メンサロン、ロンドン五輪で一番得をしているのは誰か—と考えた。この二つのおかげで影が薄くなったのはカショエイラ容疑者だ。上下両院究明委員会でここぞとばかりに注目を浴びていたが、ここ2週間ほどすっかり忘れられた?!(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • メンサロン=ピゾラットの処遇は?=二重国籍活かし伊国逃亡=検察は身柄引渡要求も難航=年金の受取り問題も浮上2013年11月30日 メンサロン=ピゾラットの処遇は?=二重国籍活かし伊国逃亡=検察は身柄引渡要求も難航=年金の受取り問題も浮上 ニッケイ新聞 2013年11月22日  連邦検察庁と最高裁は、メンサロン裁判の刑執行を逃れるべくイタリアへ逃亡した元ブラジル銀行マーケティング担当理事のエンリケ・ピゾラット被告の身柄引渡をイタリア側に求めているが、同国側が難色を示している。19〜21日付伯字紙が報じている。 […]
  • 揺れる南米諸国連合3国=ベ国の混乱で緊急会議=大統領就任式は予定通り=亜国でデモ、パ国は選挙2013年4月20日 揺れる南米諸国連合3国=ベ国の混乱で緊急会議=大統領就任式は予定通り=亜国でデモ、パ国は選挙 ニッケイ新聞 2013年4月20日  ベネズエラで続く大統領選後の混乱収拾のため、南米諸国連合(ウナスル)首脳が18日夜、緊急会議開催と19日付伯字紙が報じた。ベ国選挙評議会は同日、全票監査の実施を認めたが、アルゼンチンで大規模な抗議デモ発生、パラグアイでは大統領選キャン […]
  • 世界汚職ランキングでブラジルは72位2007年9月28日 世界汚職ランキングでブラジルは72位 ニッケイ新聞 2007年9月28日付け  【エスタード・デ・サンパウロ紙二十七日】汚職天国ブラジルとの思いとは裏腹に、世界一八〇カ国を対象とした調査で、ブラジルは汚職の少ない方から七二番目という結果が出た。 […]
  • 米州首脳会議の隠れた中心議題=懸念される米中貿易戦争の影響=パラグァイ在住 坂本邦雄2018年4月26日 米州首脳会議の隠れた中心議題=懸念される米中貿易戦争の影響=パラグァイ在住 坂本邦雄  リマ市発、アンドレス・オッペンハイマー記者の記事によれば、今回の南北アメリカ首脳会議で関心をひいた一つのテーマは、特に議題には無かったが、各国首脳間の内談で、アメリカと中国の貿易戦争が、地域に与え得る影響の問題が取り上げられ、盛んに議論された事だった。  ラ米諸国の […]
  • 東西南北2017年10月5日 東西南北  大統領選の世論調査で依然として高い人気を誇りながらも沈黙を守っているマリーナ・シウヴァ氏は3日、フォーリャ紙主宰のフォーラムに参加。そこで同氏は、専門の環境問題に関し、「政治混乱に乗じ、議会で保守的な勢力が強くなったために、環境問題が犠牲となっている」と批判。ラヴァ・ジャット […]