ホーム | 日系社会ニュース | 柔道=ロンドン五輪で大健闘=ミュンヘン銅メダル 石井さんに評価聞く=〃愛弟子〃の活躍に大満足=「リオ五輪は集大成に」

柔道=ロンドン五輪で大健闘=ミュンヘン銅メダル 石井さんに評価聞く=〃愛弟子〃の活躍に大満足=「リオ五輪は集大成に」

ニッケイ新聞 2012年8月18日付け

 金1に銅3個——12日に閉幕したロンドン五輪において、ブラジルが獲得したメダル総数(17個)の実に4分の1を柔道が占めた。もちろんコンデ・コマ(前田光世)や三浦鑿の時代から日本移民がブラジル人に伝えてきた競技であり、日本文化をスポーツという形で普及し、それがブラジル国家に貢献している最たるものだ。柔道は過去総計18も五輪メダルをとり、ブラジル全体の108個中の2割を占め、最多メダル獲得種目になっている。主催国となる4年後のリオ五輪では、文句なしに国民が一番成果を期待する競技に育った。72年のミュンヘン五輪でブラジル柔道界に初のメダル(銅)をもたらした石井千秋さん(70、栃木)から今回の評価を聞いた。

 「メダル四つは大したもの。大満足で言うことなし」。柔道における一大会最多メダルを記録した今五輪を、石井さんはこう一言で振り返った。
 石井さんは、メダル獲得者の48キロ級のサラ・メネゼス、60キロ級のフェリペ・キタダイ(10年パウリスタ・スポーツ賞受賞)、78キロ級のマイラ・アギアル、100キロ超級のラファエル・シウバら4選手を〃愛弟子〃と呼ぶ。
 というのも、ブラジル柔道界は長年、ブラジル人連盟幹部と全伯講道館柔道有段者会(関根隆範会長)らががっぷりと四つに組んで強化合宿を日本で重ねてきた歴史がある。この4人も、石井さんの母校・早稲田大学や国際武道大学を舞台に実施され、自身も指導をした「サンパウロ州選抜日本遠征」への参加経験者だからだ。
 同様にサンパウロ州出身者の多くは、日本政府の「草の根文化無償資金」を受けて完成した「柔道オリンピック・アレーナ(イビラプエラ公園内の専用道場)」通称〃南米の講道館〃で練習してきた。
 なかでも、紅一点にして唯一金メダルを獲得したサラ選手は、石井さんの妻・恵子さんが「合宿や試合の後、うちに泊まったことは数えきれません。娘のような存在です」と話すほど親密な仲だという。
 日系選手としては、84年のロス五輪のルイス・オンムラ氏以来、28年ぶりのメダル獲得となったキタダイ選手について尋ねると、「直前の世界ランクは19位だったから、嬉しい予想外。彼は柔道一家出身で、ジュニア時代から世界大会5位に入賞するなどの活躍を見せていた、いわゆる〃サラブレッド〃。いつかやってくれるとは思っていたが、こんなに早く結果を出すとは」と笑顔で話した。
 他の選手についても「ブラジル代表の選手らはみな真面目で、練習にも一生懸命に取り組む。ライバル選手の研究も、試合映像を何度も何度も見直すなど本当に熱心」と評し、才能だけでなく、たゆまない努力の賜物であることを強調した。
 日本移民が柔道を持ち込んで普及し、五輪や世界選手権大会でメダルの稼ぎ頭となり、今では「国を代表するスポーツ」の一つに成長した。「4年後のリオ五輪は、ブラジル柔道の一つの集大成となるはず」。そう語る石井さんの目には、強い期待の色が浮かんでいた。
 ミュンヘン五輪時の柔道代表監督だった岡野脩平・同有段者会元会長は数年前から「ブラジル柔道史」を調査執筆中であり、今回さらに輝かしい頁が加わったようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 著書を持つ石井千秋さん2014年4月17日 石井千秋さん柔道史刊行=『ブラジル柔道のパイオニア』=「リオ五輪でぜひメダルを」 「相撲史は2冊も出ているのに柔道史は一冊もないし、早稲田海外移住研以来50年の付き合いだった谷広海さんが昨年突然亡くなった。今のうちに記録を残さなきゃと思い、なんとか自費出版しました」。石井千秋さん(72、栃木)はそう切実な表情を浮かべた。この『ブラジル柔道のパイオニア』には前 […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • 大耳小耳2017年2月10日 大耳小耳  青森県弘前市とブラジル視覚障害者スポーツ連盟は、先月31日、20年東京五輪・パラリンピックの際に、ブラジルの障害者柔道チームの事前合宿を行うための協議を始める覚書に調印した。弘前市は、ブラジルに柔術を広めた故・前田光世(コンデ・コマ)の出身地。その縁から、同市が働きかけて実現 […]
  • 異彩を放つ先駆者たちの軌跡=『日本文化』8巻、販売開始=各分野で活躍、日ポ語で紹介2018年7月7日 異彩を放つ先駆者たちの軌跡=『日本文化』8巻、販売開始=各分野で活躍、日ポ語で紹介  サンパウロ青年図書館とニッケイ新聞は今週、『日本文化8~移民史の先駆者たち~』を刊行した。多くの戦前移民はコーヒー農園に入植し栽培に従事したが、それとは全く違う人生を歩んだ6人の足跡を辿る。北米で活躍した開拓者、伝説の武道家、ジュート産業の立役者、紅茶栽培に情熱をかけ […]
  • 大耳小耳2006年7月15日 大耳小耳 2006年7月15日付け […]