ホーム | 日系社会ニュース | 1957年9月7日着ルイス号=55年目の同船者会を!

1957年9月7日着ルイス号=55年目の同船者会を!

ニッケイ新聞 2012年8月24日付け

 1957年9月7日サントス港着、オランダ船「ルイス号」の同船者会が10月21日午前10時から、サンパウロ市リベルダーデ区の岩手県人会(R. Thomaz Gonzaga, 95-M)である。会費70レアル。
 同船では政府の貸付移住者154人、沖縄からの第二次産業開発青年隊43人、「工場ぐるみ移住」で話題を呼んだ東海ミシンの技術者17人、西澤特殊ミシンの技術者10人が来伯した。
 着伯55周年を記念して開かれる会は今回で8回目。5年前の第7回には約60人が参加した。
 案内のため来社した追田空海雄、青島翠、千田曠暁さんは「前回初めて来てくれた人も。今回も新たな再開に期待しています」と話している。
 問い合わせは追田さん(11・3784・7056)、または千田さん(同・3277・7327)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ