ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年8月30日付け

 日々の雑事にかまけ、気がつくと8月末。ブラジルに腰を落ち着けつつも、年の感覚はまだ日本。新学期も始まった。退陣しそうにない炎帝の圧政に息も絶え絶えながら、秋の訪れを待つ人々の声を聞くにつけ、1年の短さを感じる。気を取り直して8月の言葉から▼現在、ブラジル映画「汚れた心」(Coracoes Sujos)が公開中だ。ヴィセンチ・アモリン監督(45)は6月に先行公開された日本で、改めて日伯の文化の違いを強く感じたという。だからこそ—「互いに惹き合い、扶助できる関係がある」▼福井からの慶祝団を迎え入植50周年を祝ったピニャール移住地に現地入植した山下治さん(76、福井)は、格闘の末、ぶどう栽培で名を成した。人柄を忍ばせる穏やかな口ぶりで「一からーというより0からだった。叶いつつある理想の村作りは、次世代に期待」▼来年の「レジストロ地方植民地100周年」の一環で、セッテ・バーラス会館の建設に携わる遠藤寅重会長(76、福島)。同地に住んで半世紀。ブラジル人たちと共に活動、〃融合の場〃として、かつてあった会館を建て直すことになった。「我々への評価は先人のおかげ。その恩返しのつもり。来年の落成式が楽しみ」▼初の「世界若者ウチナーンチュ大会」がサンパウロ市であった。資金面での問題もあったが、参加者らの笑顔がはじけた。「共通語をウチナーグチに」との提案も。サポート役の宮里大八さん(38、沖縄)は「南米の若者はルーツを確認し、沖縄からの参加者も何らかの気付きを得た」。気になる言葉を拾っていけば月の半ばにも至らず。成程1年も早いはずだ。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2012年12月22日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ2012年12月22日 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 物故者2012年12月22日 物故者 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  コロニアの発展に尽くしてきた方が今年も多くこの世を去った。新聞で訃報記事をお伝えした物故者に限り、追悼の意を表し、掲載します。(敬称略) […]
  • 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で2012年12月22日 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  ビザ発給窓口業務の迅速化・利便性の向上を目的に、在聖総領事館は10年10月に公募を実施。 […]
  • 9位=映画『汚れた心』公開2012年12月22日 9位=映画『汚れた心』公開 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  非日系の作家フェルナンド・モラエス氏が勝ち負け抗争を取材してジャブチ賞を受賞した『CORACOES […]