ホーム | 日系社会ニュース | 「背景にある歴史感じて」=吟剣詩舞連合会が全伯大会

「背景にある歴史感じて」=吟剣詩舞連合会が全伯大会

ニッケイ新聞 2012年9月4日付け

 ブラジル吟剣詩舞連合会(住田定男会長)は9月7日午前10時から、北海道協会(Rua Joaquim Tavora, 605, Vila Mariana)で『第40回全伯吟剣詩舞道大会』を開く。入場無料。
 マリンガやロンドリーナなどの遠方含め、全伯の道場から6流派約60人が詩吟、詩舞、剣舞の発表を行い、日々研鑽の成果を披露する。その他有段者による剣道、柔道、空手の演舞もある。
 案内のため来社した住田会長、佐藤元宏副会長、西田等会計は「背景にある歴史を感じながら、演舞を楽しんでもらいたい」と話した。
 問い合わせは住田会長(11・5563・2293)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ