ホーム | 日系社会ニュース | 総領事公邸で県の魅力アピール=福岡県 小川知事ら14人が来伯=地元の味、産業製品展示=「日本の地方文化見て」

総領事公邸で県の魅力アピール=福岡県 小川知事ら14人が来伯=地元の味、産業製品展示=「日本の地方文化見て」

ニッケイ新聞 2012年9月12日付け

 福岡県の県産品や物産、産業などを紹介する『福岡プロモーション』が先月30日、聖市モルンビー区の総領事公邸で開かれ、小川洋知事など14人が来伯し、県の魅力をアピールした。聖州政府、ブラジル日本商工会議所、日系団体などの各関係者約120人が参加した。

 福岡県側がW杯、リオ五輪の開催を控えブラジルとの人的・経済的な積極交流を目的に、日本の外務省を通じ、聖市内で県をアピールするイベントの実施を領事館に持ちかけたこと開催のきっかけ。総領事公邸での地方自治体に関するイベントの開催は初めてとなった。
 同県からは、今年7月にあった『県連・第15回日本祭』にも県産品を紹介・販売するブースが出展されている。
 開会式は福岡県の地理、特産品、伝統行事などを紹介するポルトガル語の動画から始まり、小林雅彦首席領事は「このイベント通じて、今まで見る機会の少なかった、日本の地方文化の一面を感じてもらえれば」と呼びかけた。
 挨拶に立った小川知事は「ブラジルは地理的には遠いが、心の距離は非常に近いと思っている。これを機会に福岡を知ってもらい、よりブラジルとの交流を深めていきたい」と話した。
 会場には『日本祭』にも出品された柚子胡椒を液状化した液体調味料「ゆずすこ」や、高級ブランド茶「八女茶」、数種類の日本酒などの試食・試飲コーナーが設けられたほか、同県からブラジルに進出している衛生陶器会社「TOTO」、産業用ロボットなどを製作する「安川電機」の2社の製品展示ブースも出展された。
 福岡県人会から手伝いとして参加し、同県の大学に留学経験を持つ南マルガレッチさん(29、四世)は「大好きな福岡という街を、もっとたくさんの人に知ってもらいたい。こういうイベントは大歓迎です」と笑顔を見せた。県人会青年部の天竜太鼓グループによる和太鼓も披露され、大きな喝采を浴びていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ