ホーム | 日系社会ニュース | ブラジルを知る会=講演会と史料館ツアー=21、28両日、参加募る

ブラジルを知る会=講演会と史料館ツアー=21、28両日、参加募る

ニッケイ新聞 2012年9月13日付け

 ブラジルを知る会(清水裕美会長)が「もっと知りたい 私たちも暮らす日系社会」をテーマに、『ブラジル日本移民史料館ツアー』(21日)、『講演会』(28日)を同史料館(Rua Sao Joaquim, 381, Liberdade, 9o. andar)で開催する。
 両日とも午前9時半〜正午まで。10分前には受付を済ませること。
 「過去を見つめる」と題した史料館ツアーは清水会長がガイドを務め、会員らが笠戸丸移民や〃移民の父〃平野運平氏についてミニレクチャーを行なう。入館料6レアル。
 講演会は「未来を見つめる」をテーマに、サンパウロ人文科学研究所の宮尾進顧問が日系社会の現状と未来の姿を探る。質疑応答、コーヒータイムあり。参加費10レアル。
 案内のため来社した清水会長、池津由紀子、甲斐麻里両講演担当らは「どちらもビギナー向け。日本に帰るまでに、少しでも移民社会のことを知ってほしい。日本語で学べる機会なので是非ご参加を」と呼びかけている。
 申込みはサイト(blog.livedoor.jp/shirukai)、池津さん(11・99207・7455)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ