ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2012年9月15日付け

 数独の考案者、鍛冶真起氏は自称「釣り、ゴルフ、競馬、マージャン、競輪なんでもござれのギャンブル好き」。競馬雑誌でアイルランドの競走馬「ニコリ」に惹かれ、迷いなく会社名にしたとか。その馬を追った著書「本屋さんに行くと言ってウルグアイの競馬場に行った」もある。一般の経営者の型にはまらない講演となりそうだ。
     ◎
 全国カラオケ指導協会のブラジル総本部長で作曲家の島田正市さんをNHKが取材した「Jメロ」が10月8日午後2時から、国際放送で放映されるという。島田さんが作曲した名曲「サンパウロブルース」をロサンゼルス出身の日系二世歌手ジョー・イノウエに教えているシーンだとか。日本国内では10月21日に再放送されるという。NHKでコロニア人が出演するのは稀なこと。ぜひ見てみては。
     ◎
 自転車でサンパウロ市内を巡回し、路上生活者に図書の貸し出しを行なうビシクロテッカ(Bicicloteca)。サイト「Global Voices」によれば、読書で人生が変わったという元路上生活者ロブソン・メンドンサさんが図書館員となり、身分・住所証明のない人にも読書の機会をと始めた。活動開始1年で、すでに貸し出し回数は10万回以上。現在、他のNGOにも活動拡大中とか。

image_print

こちらの記事もどうぞ