ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2012年10月16日付け

 13日夜からのヴィラコッポス空港での滑走路閉鎖に追い討ちをかけ、15日朝はTAM航空のチェックイン・システムが作動しなくなるアクシデントが全国の空港で起きた。幸い午前8時25分に機能は戻ったが、この日の同航空の便には多くの遅れが生じた。W杯まであと2年を切った中での空港トラブル続出。本番は本当に大丈夫か。
     ◎
 ブラジリア時間のきょう午前9時10分から、ポーランドのウロツワフでサッカーのブラジル代表(セレソン)と日本代表の親善試合が行なわれる。12日にフランス代表を破って波に乗る日本だけに油断できないが、そんな矢先、ロンドン五輪からセレソンの左サイドバックを守りつづけているマルセロが、右足小指の中足骨骨折で最低3カ月欠場することに。代役は、今年のコリンチャンスのリベルタドーレス杯優勝に貢献し、現ローマのレアンドロ・カスタンがつとめる予定。
     ◎
 サンパウロ市市長選挙の決戦投票に向けた選挙CMが15日から再開された。放送時間はセーラ、ハダジ両候補10分ずつの20分で、テレビは午後1時と午後8時30分、ラジオは午前7時と正午からの放送となり、26日まで続く。今後4年の市長を決める大事な時期だが、今週で放送終了の大人気ノヴェーラ「アヴェニーダ・ブラジル」の放送時間帯がずれるのを嫌う人も少なくなさそう。

image_print

こちらの記事もどうぞ